FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2006年7月17日(月祝)横浜アリーナ

ASIAN KUNG-FU GENERATIONプレゼンツのロックフェスティバル、NANO-MUGEN FES.に行ってきた。
「フェスとは言っても、まぁちょっと大きな対バンイベントだろー」と思ったら大違い。
1階アリーナはブロック分けされたオールスタンディングゾーン、1階と2階のスタンドは全席自由の椅子席と、
横浜アリーナをまるまるライブハウスと化した感じだ。
2階ロビーにあるフードエリアにはケバブやカレーなど10店以上の屋台が立ち並び、まさにフェス。
そして、ベンチが置かれた広いスペースで飯を食う。
このタイトルでのライブも今年で6回目だっけ?8回目だっけ?アジカンもでっかくなったなー。

我々はまずオープニングのHIGE、次のなんとかっていうイギリスのバンドをスタンドで観覧し、
「そろそろストレイテナーかな?」というところで、アリーナへ下りた。

【ストレイテナー】
ZAZEN BOYSのベース日向秀和も在籍する3ピースバンドで、この日友人Nの一番のお目当て。
僕はストレイテナーの予備知識はほとんどなかったのだが、良いライブだった。
もっとパンク色が強いのかと思いきや、
意外にもディスコティックなリズムかつメロディアスなメロディで、聴いていて楽しい。
またベース日向は弾いてないときや開放弦で左手が自由なときなど拳を振り上げて客を煽ったり、
ドラムのナカヤマは間奏でドラムセットを離れて客席に飛び込んで行ったり、
でもボーカルのホリエはクールに歌ってギターを弾いていたり。そんなところは見ていて面白い。
そもそも演奏テクニックは高く、すごい複雑なフレーズを弾いているのに、
それを感じさせないダイナミックさが非常に惹かれる。
今日は見られて良かったと思った。

【BEAT CRUSADERS】
よく知らないDJグループを挟んでいよいよ僕のお目当て、ビートクルセイダーズ。
ストレイテナーが終わって、急いでステージ最前のブロックへの移動を試みたら、うまく潜り込む事が出来た。
この日は、前のバンドが終わるとドワーっと人が入れ替わり、
すぐに入場規制がかかってしまう状態だったのでホッとした。
出囃子の『~SASQUATCH~』に続いては、『ISOLATIONS』でライブスタートだ。
今日もお面はよく飛んで行った。
今回やった曲は(曲順は覚えてないど)これぞビークルという曲ばかりで、
飽きることなくあっという間に時間が過ぎた。
3曲目ぐらいで『JAPANESE GIRL』のイントロが始まったときは、
「この曲すごい好きだから嬉しい!」という気持ちと、
「でも序盤でもうこの曲やっちゃうの?もったいないよー」という気持ちが入り混じってた。
他には『HIT IN THE USA』『FEEL』『LOVE POTION #9』など、
こないだのインストアライブで聴けなかった曲(でも代表曲)を出し惜しみせずに次々にやってくれて楽しかった。
特に『BANG! BANG!』には感動!この曲に限っては、「シングルの4曲目」という地味な位置づけなので、
まさかこのフェスで聴けるとは思わなかった。この曲好きなんだよな~。
Aメロをカトウタロウ(ギター)が歌っているというのは新しい発見。
クボタ(ベース)は結構いろんな曲のBメロを歌っていたりするが、カトウボーカルはレアだなぁ。
そんなわけで全部で10曲ぐらい、たっぷり楽しめた。
ホント、ワンマンライブに行きたい。

【ASIAN KUNG-FU GENERATION】
ビークルのあと2バンドほど挟んで最後は主役、アジカンが登場。
アジカンが出て来る以前に、すでにアリーナは全ブロック満員で入場規制。
最前ブロックはともかく全ブロックって……。アジカン、人気あるなぁ~。
僕らはスタンドでゆっくり見ることにした。
アジカンもまたシングル曲、代表曲のオンパレードで客席は凄い盛り上がりだった。
僕は最新アルバムをまったく聴かずに行ったのだが、そんな僕でも知ってる曲ばっかりだった。
また、客席には年の若い観客(中学生や高校生)が非常に多く、
そんなお客をライブ会場に連れて来てしまうアジカンは、ファンの幅も広いんだな~と改めて感心。

そんなわけで、良い一日でした。
スポンサーサイト



「きょうの料理」に1か月半ぶりに登紀子ばぁば登場。
そして司会進行はアナウンサーではなくグッチ裕三。
おお!夢の共演じゃないスか!
グッチ進行ということもあり、非常にばぁばをもてなす感が出ていて、
いつもは、最後にアナウンサーが試食するところも、
今回はばぁばが自ら試食。
「いただきま~す(はあと)」だって。

幸せな時間が過ごせました。
2006年7月15日(土)ラーメン(650円)+半ライス(50円)+モヤシ並(無料)
場所:稲毛
種類:醤油豚骨(家系)
麺種:ストレート太麺
★★★☆☆

久しぶりの千葉ラーメン巡りは「虎の穴」。店名に『家』は無いが家系の店である。
コーナンへ買い物に行ったついでに足を伸ばしてみた。
場所は稲毛駅から一本道なのでわかりやすいし、
店の駐車場はないが、近くのマルエツの駐車場はコイン式なので、車での便も良さそう。
同じ通りに「栄家」「一鉄」など有名店があるのも見逃せない。
ラーメンは基本的な家系のビジュアルをしているが、豚骨が他の店より濃いのが特徴。
醤油のしょっぱさよりも、豚骨の骨っぽさが勝っている。
一口食べて、結構まろやか。後に豚骨独特のコクが残る。そんな感じ。
これにやや固めのストレート太麺は程々にスープが絡んで丁度良い。
具は、モヤシが無料。テーブル上に白い札が既に置いてあるので、
モヤシを入れたい人はこれを食券と一緒に出す。
ちなみに青い札もあり、こちらは麺大盛り。そう、大盛りも無料なのです。
チャーシューは家系っぽくなく厚みがあって弾力があるやつ。これは味があまりしなくていまいち。
どんぶりが家系ならではの白いやつでなく、青色で底が深く小ぶりなタイプなのも普通の家系と違う点。
ラーメンとしては完全に家系のカテゴリーだけど、細かいところで他とは違うこだわりが
『家』を名乗らない理由なのかなー。と思いつつ終了。
2006年7月9日(日)アキバ・スクエア

capsuleの中田ヤスタカがサウンドプロデュースを手がける3人組Perfume。
常々「実際に見たいな~~~」と思っていたところ、秋葉原でCD発売イベント開催の報。
初めてPerfumeのイベントに参加してきた。
まず、CDショップでもらった参加券を会場受付に持って行って
整理番号つきの整理券と引き換える。箱に手を入れて券を引く、くじ引き抽選っすね。
僕の番号は50番台で「近からず遠からず、ちょうど良いかな」と思ったら、
会場は思いのほか広く、結局前から3列目ぐらいの位置になった。ステージ近し。
半オープンな会場ではあるけど、これだけ人が密集していれば暑い。暑い。

イベントは、定刻から5分ほど遅れてPerfume登場。
CDジャケットでは、スペーシーな衣装とか化粧で演出されていて
素顔が判りにくいので、今更ながら「へー、こういう顔の人たちなんだー」という感じ。
正直、取り立ててアイドルチックなルックスではないんだけど、
テクノポップを歌って踊るってのが良いっすね。

さて1曲目は、セカンドシングル『コンピューターシティ』。
「お!1曲目に以前の曲をやるということは、これから複数の曲を歌う?」の予感。
続いて2曲目は、曲名忘れたけど、インディー時代(?)のなんとかっていう曲。
客席結構盛り上がる。みんな知ってるなー。
この曲の時代から中田ヤスタカが作ってたのかな?予想よりもテクノチックで楽しい曲だった。
3曲目は『コンピュータードランビング』。
やった!この曲1番好き。中田節炸裂でテクノポップ全開だ。
この曲に限らずPerfumeの振り付けはそれぞれが歌詞と対応していて面白い。可愛い。
いやー、良かった。
そしてMCは、リーダー格のA-CHAN(あーちゃん)の広島訛り(?)のトークがリードする。面白い。
4曲目は今回発売された『エレクトロ・ワールド』。
本家のcapsuleが最新アルバムでギターサウンドを大胆に取り入れたのに対応してか、
こちらもギターがかなりフィーチャーされていて、今までに比べるとサウンドが重厚。
でもポップ。Aメロのベース、サビのギターが特徴的で、オケが充実していて聴き応えあり。
ラスト、5曲目は『Perfume』。Perfumeが歌う『Perfume』であります。
ここではサビの「パ・パ・パ・パ・パ・パ・パフューム♪」の振り付けが印象的。
客席もみんなやってるので、つられて、やった。ちょっと恥ずかしかった。
こんなに大きいステージで、しかも5曲もやってくれるとは思ってなかったので、満足度極めて高し。

最後は、場所を後方に移して握手会。
これは会場の後ろのほうから順番なので、順番が廻ってくるまでしばらくかかりそうだな、
と様子を見ていると、みんなやけにメンバーに話しかけている。
そして3人ともやけにちゃんと答えている。特にあっちゃん、めっちゃ会話してるじゃん!
スタッフも一応誘導するが、そんなに強固な感じはない。
いつものハロプロの高速回転と比べると、すごいゆっくりしたペースで、
まさにファンとの交流だな~~~と思った。
ただ自分的には(曲は聴いてるけど)そんなに詳しくないし、
「なにを喋ろう、どうしよう~」って感じ。しかも相手は3人だ。
焦った末、結局は「応援してます!アルバム楽しみにしてます!」的なことを話して
無事に済んだけど、今まで参加した握手会で一番何を話すか焦った気がする。
ふ~~~~~、なにともあれ無事終了。

全部終わったところで、メンバー3人から挨拶がありイベントは終わった。
かしゆかの涙もあったりしてなかなか良いラストだった。
たまにこういう距離の近いイベントも良いっすね。
会場と同じ秋葉原UDX内でトンカツ茶漬けを食って帰宅しました。
2006年7月5日(水)池袋サンシャインシティB1噴水広場

しょこたんこと中川翔子のCDデビューイベントを見に行ってきた。

開始時刻の10分ほど前に到着すると、握手会参加券付きのCDはすでに売り切れ。
いまや新ブログの女王。やっぱ(その昔見に行った)ブラン娘とはわけが違うか。
と思ったけど、しょこたんも元ブランチリポーターか。
イベント自体は券がなくても見られるので、なんとなく正面やや後方に位置しスタートを待った。
そして18時。司会のDJなんとかさんの呼び込みでしょこたんがステージに登場した。
⊂二二二(^ω^)二二二つ
という感じで、衣装はミニスカ浴衣だ。わー、しょこたんはじめて見たー。
ありがちだけど、テレビより小さく細く見える。
スピーカーの位置の関係でよく聞こえないトークのあと、いよいよ歌披露となった。
表題曲『Brilliant Dream』はいかにもアイドル!って感じのダンスナンバー。
「きらめく世界へ飛び出そう!」みたいな歌詞もアイドルっぽい。
歌唱力はさておき、緊張のせいかやや声が震えるのが初々しくて良い。
そして2曲目に行く前に「へんしーん」とステージ上で衣装チェンジ。
モコモコになったキャットウーマンのような露出度の高い衣装に変わった。
本人曰く「ルナ」。アイドル⇔オタクが紙一重というところを体現しております。
トーク内で、ブログ用に写真撮ろうという流れで、ステージ上で撮影して、
その場でブログを更新しようとしていたのがしょこたんらしかった。
(↑司会者に「後ほどね。」と言われてた)
さてさて、歌うはカップリング曲の『Cat Life』で、若干照れながらにゃんこポーズの振りが面白い。
猫大好きのしょこたんにはこっちの曲のほうがしっくりくるかも。
曲の間奏でしょこたんが「皆さんカワユスなぁ、カワユスなぁ」とセリフを言いながら、
各方向にお辞儀をするところがあるんだけど、
それが父親(32歳で亡くなった歌手・中川勝彦)に向けてのセリフに思えてきて、
「父親もこの娘の姿を見たら嬉しかっただろうなぁ~」
と勝手に思いを馳せてしまい目頭が熱くなった。妄想し過ぎ?

最後は握手会。僕は握手しないので4階の吹き抜けからボケーっと見ていただけだけど、
整理券番号を呼ぶ声が「400番までの方~」ぐらいまで言っていたので、全部で500人分は用意したのかなぁ。
ハロプロには負けるが、結構な高速回転で一気に終了した。
いや~、無料でこれだけ楽しめればお得でしょ。

そして、いつのまにかサンシャイン内に出来ていた青葉でつけ麺を食って帰った。
牛丼屋は色々な注文をする人がいるもんで、
これまでに、白ご飯だけ食べてる外国人(吉野家)、
生野菜を2皿だけ食べているスーツ男(松屋)なんかを発見。
今日入った松屋では、カレーライスと、みそ汁2杯を前にしている若者がいて、
「そんなにもみそ汁好きなのか!?」と思ったら、実は既に牛丼を食べ終えていた模様。
当たり前だけどそれぞれにみそ汁つけてくれるんだ~。
というかそもそも1回の食事でカレーライスと牛丼両方食いますか。

それから、今日は牛丼の『つゆなし』を頼んでる人を初めて見た。
僕も常々松屋の牛丼はつゆが多すぎると思っていたので、見習いたいもんだ。
昨日のプロ野球巨人対中日戦のTV放送のときの画面右上の表示。

『連勝巨人 VS 首位中日』

って、巨人は10連敗の後に2つ勝っただけじゃん!
ちなみに今日は『原巨人 VS 首位中日』。
普通だ。