FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

先日、我が家のiMacを操作していると、いきなり画面が真っ暗に。
よく見ると電源ボタンはわずかに点灯しているようで、スリープ状態?
いやしかし、どのキーを押しても、リセットボタンも効かない。

一日後、電源を入れると普通に起動したので、
念のため、フリーのバックアップソフトを導入した。
そして15分ほどするとまた同じようにブラックアウト。
15分しかもたないのかー。
なんじゃこりゃー。

これはそろそろ買い替え時ってことなのかなぁ~。
このiMacは、数えてみたらもう6年近く使ってるようだし、
最近は安いMacBookも出てるしなー。
迷う。
スポンサーサイト
2007年1月25日(木)醤油ラーメン(800円)+ライス(100円)

会社帰りに池袋で乗り換えついでに、久々にすみれに行った。
行列ゼロだったので「ラッキー!」と思ったが、
結局、席に着いてから15分以上待った。

今回注文したのは醤油ラーメン。
すみれで味噌以外を食べたのは初めてだ。
そりゃこの店でなかなか味噌以外は食わないっすよ。
スープは、味噌ラーメンがかなり濃厚なので、
醤油も同じようにドロっとしたイメージを持っていたが、
見た感じ意外にサラッとしている。
具の炒めモヤシと醤油スープが一体となった香ばしさがものすごく芳しい。
この醤油スープは美味いなぁ。
粘度は低いが味はかなり濃く、すみれの縮れ麺に味がよく絡んでる。
表面に油がコートされているので、スープがなかなか冷めないのも良い。
うーむ、食べてみるもんだなぁ。味噌より醤油のほうが好きかも。
よし、次回は残り一つ、塩ラーメンに挑戦しよう。

ライスに付いていたたくあんもすごく美味しかった。
2007年1月18日(木)ラーメン(たしか650円)

『松戸ラーメン祭り』なるイベントが松戸のヨーカドー内で開催され、
あの『まるき』が臨時出店されるというので、会社帰りに行ってみた。
お目当ての『まるき』は、あるにはあったけど、お惣菜コーナーのど真ん中で、
これが仮設もいいとこで周りから丸見えで恥ずかしいのなんの。
まるで見世物っすね。
まるきヨーカドー

でも美味しかった。まさに『まるき』だ。
こんなに美味しくてみんなが食べられる場所にあるのに、
店員は特に呼び込みとかしないし、まことにもったいない限り。
また『祭り』と言っても、まるきの他は、
ちょっと珍しい生麺を販売しているぐらいだった。


それから、ついでに。
昨年末に行ったお台場のフジテレビのイベントで
臨時出店してたマツケンラーメン。
麺屋武蔵とフジTV「GO!GO!サタ」のコラボレーションだそうだ。
豆乳を使った上品な坦々麺という感じで、美味かった。
しかし寒空の下、野外で立ち食いはちょっと厳しい。
マツケンラーメン店舗
↑店舗に見えるが、ここでは買うだけ
マツケンラーメン

2007年1月3日(水)中野サンプラザ

前日に行われた同コンサート中に発表された吉澤ひとみ卒業のニュース。
確かに驚きはしたけれど、ここまで来ると慣れっこだ。
こんなこともあろうかと(吉澤ひとみ最終日となる)5月6日を先行予約しといて良かった。
驚いたのは時期リーダーが藤本美貴ってことかな。
現地に着くと、会場前は異常な数の人であふれかえっていた。
と言って、グッズ売り場が混み合っているわけではなく余裕で買い物はできた。
1日3回公演だから人がいっぱいなのか?吉澤卒業の影響?

さて、ハロプロの中でも、モー娘。、辻、美勇伝、Berryz工房、℃-uteなど
若手中心のメンバーで構成されたワンダフルハーツ。
オープニングは、全員がステージに登場して、ZYXの『白いTOKYO』から始まった。
曲的には個人的にとても好きな曲なのだが、それより印象的だったのは田中れいな。
なんと猫耳で登場だ。しかも結構似合ってる。萌えですか???れいなは。
続いて、ヨッスィー本人の口から卒業報告。
昨日すでに発表しているので客席も「ふ~ん」てなもんで、逆に変な感じ。

その後は、℃-ute、そしてこまかいユニットをはさんでBerryz工房へと続く。
℃-uteはメジャー1stシングルを初披露して、これがほぼ鈴木愛理(小6)メインの曲で、
愛理ファンとしては嬉しいけど、他のメンバーがあまりに出番が少ないので複雑な気もする。
モーニング娘。初期のなっちメインみたいなもんなのかね。
Berryz工房では、熊井(中1)に釘付けでございます。
新曲の衣装ためなのかは不明だが、(今までは分けていた)前髪が揃っていてイイ!
ハロプロの年上メンバーが多くいるせいか、窮屈な感じがしないのもイイ!
うーむ、ハロプロの未来は愛理と熊井っすね!なんちゃって。
Berryzと℃-uteは、珍しく同じステージでのコラボレーションもあって、
雅が℃-uteを歌い、愛理がBerryzを歌うなんていうシーンも見られて面白かった。

あと、辻。相変わらずソロで歌うのは松浦or後藤のカバー曲で、
今回も後藤の『スッピンと涙。』を歌った。
辻は加護がいなくなってここ一年、コンサートでWの曲をまったく歌っていない。
Wの曲はあいぼんと一緒でないと歌わないってことなのかな。なんか泣かせるなぁ。
加護が帰ってきたときの復活ライブのことを想像してしみじみしてしまった。
石川は本日、体調不良のため美勇伝の曲のみ登場にとどまった。
ただその美勇伝の曲が『愛すクリ~ムとMyプリン』でバニー姿ってのがすごい。
ま、熱があるなら、涼しくて良いのかも。
最後に、ミキティの準ソロ『寒いから冬だもん!』も初めて生で見られて良かった。

というところですかね。
意外に客席はユニットごとにファンが分かれていて、
誰もが盛り上がる!というのがやや少なかったような印象を受けた。
ま、初詣みたいなもんだから、なにはともあれ縁起モノって感じかな。
今年も良いライブを見られますように。
2006年12月31日(日)幕張メッセ国際展示場1~8ホール

当初、今回のカウントダウンジャパンには参加する気はなかったのだが、
あらためてアーティストリストを見ると、
見たいアーティスト、こういうイベントでなければ見ないであろうバンドが結構いて、
「見たいなぁ~。そんで年越しを派手に迎えたいなぁ~」という思いが強くなった。
しかし、チケットはもう売り切れ。この時点で、もうライブ2日前。
「やっぱ、こんな急じゃ無理か~。諦めようかな」と思っていたところ、
友人Nの会社の同僚から、"余った"入場券を安く購入できた。
そんなわけで幸運にも急遽参戦できた。
続きを読む
今夜、実家の母から電話があった。
「今、テレビでやってるニュースの……」
なにごとかとテレビのチャンネルを変えると、
茨城でバラバラ死体発見のニュースだった。
この現場が、なんと実家から結構近い場所で、
僕も小学校の頃とか自転車でよく遊びに行っていたし、
大人になってからも車で何度もとおった場所だった。

で、母「さっき見に行って来たんだけど報道の車とか凄かったよ」だって。
すばらしい!さすが行動が早い。
おそらく、父のほうが行きたがったんだろうことは予想できるが、
こういう野次馬根性は大好きだ。

というか、いつの間にか岩井市が坂東市に変わってたことに一番ビックリ!
2006年12月30日(土)番外醤油らぁめん(680円)
場所:野田
種類:背脂醤油
麺種:ほぼ縮れ細麺
★★★☆☆

実家に帰省した際に両親と行って来た。
千葉ウォーカーの新店ランキング6位に入っていたこの新店は、
以前食べた(同市内の)中華料理櫻の、ラーメンに特化した支店らしい。
看板メニューは、あっさり和風醤油味の『和だしラーメン』と
こってり背脂豚骨醤油味の『番外ラーメン』となるだろうか。
両方とも本店で食べたことがあるのだが、今回は後者を注文した。

微かな記憶と比べるとたぶんほとんど本店と変わらない味だと思う。
見た目よりもさっぱりしていて一気に食べ終えてしまう。
キクラゲと水菜が良いアクセントになっている。
店の入りやすさ、手軽さでこっちの支店のほうが好きかな。
父によると、値段がUPしているそうだが、
本店もUPしているのかここだけなのかは不明。
他に、あっさりベースの塩ラーメン、豚骨ベースの味噌ラーメンも気になる。

この場所はホントにころころテナントが入れ替わる所なので、頑張って欲しいな。
2006年12月23日(土)もやしラーメン味玉入り(たしか670円)
場所:千石
種類:背脂醤油
麺種:縮れ太麺
★★★☆☆

友人Hとの深夜のラーメン巡り。
年末と言ったらやっぱ白山ラーメンでしょう!
と、意気込んで現地に着くと、灯りが消えていてなんとお休み。
ガーン!ショック!
この近所でこの時間にやっている他の店は……
というわけでやってきたのが、ここ千石自慢ラーメン。
以前から(何年も前から)白山ラーメンに来るときに、
見かけてはいたのだが、店に入ったのは初めてだ。
こんなことでもない限り来ることはないので良い機会ってことで。

以前外から見かけたのは、完全立ち食いの狭い店だったが、
いつの間にかリニューアルされ、カウンター&椅子の洒落た内装に変わった。
そのせいか、深夜0時過ぎでも女性客も含め満席で、行列も出来ていた。
我々も食券を渡した後、5分ほど並んで待ってから着席した。

今回食べたのは、定番のラーメンにもやしと味玉をトッピングしたもの。
スープは背脂が振りかけられたこってり醤油で、背脂の甘みが印象的。
こんなに大量の背脂でも食べた後はそんなにくどさが残らない。
これに組み合わされるのが縮れた太麺。結構食べ応えがあるので、
初めライスを付けようと思ったけど、付けなくて良かった。
具のもやしは確かデフォでも少し乗るんだけど、もやしラーメンにして正解。
このシャキシャキ感と麺のモチモチ感との食感の違いが飽きなくて良い。

嫌いなラーメンではまったくない。
ただこの日は、
そもそもが白山ラーメンの「しょっぱさ」をイメージして来てしまったので、
それに比べるとパンチの弱さをどうしても感じてしまうのであった。
背脂醤油のラーメンで、ジャンルが同じだけに余計に。
2006年12月20日(水)国立代々木競技場第一体育館

DJ OZMAのライブに初参戦。
シングル1枚だけの企画モノかと思ったらアルバムリリース。
そしてツアーまでやっちゃったよ。

会場に入ると、やっぱり女性客が圧倒的に多い。
そしてライブ中はみんな踊る。
中でも我々の前列にいた二人組はずっと踊りまくっていて、さらに露出度の高い服装なせいか、
客席撮影用のハンディカメラのカメラマンが何度もこの二人組を撮っていた。
たぶんDVD化されると思うから、そのときは僕も後ろに見切れてたりして。

さて、ライブは、序盤から『アゲアゲ』を初めとするアップテンポなダンスナンバーを
「最初からこんなに盛り上がる曲をやっちゃっていいのかな」というぐらいたたみ掛け、
このまま、ガーッと続けてやるのかと思ったら、やっぱりありました。
MC、コント、ソロコーナーをはさんでまたコント、寸劇。
MC KOREAって、微熱DANJIのニカケンだろ。
氣志團っぽさ出てるなぁ。
特にMCは夏の氣志團のライブよりもむしろ氣志團っぽかったかも。

そして振り付けの単純さは、初めて氣志團のライブに行ったときの様に、
『曲の最初は振り付けがわからないけど、なんとなく踊ってるうちに、
曲の最後には踊れるようになってる』パターン。
うーむ。この感じ久しぶり。
しかしながら実際『アゲアゲ』なんかを客席でやろうとすると結構狭いわけで、
さらに狭いライブハウスではどんな感じだったんだろ。

ところで我々の席は、花道のすぐ横だったので、
初め「お!近いかも」と思ったが、
結局、夜王"KING"純一が2回、PANCHOが1回来ただけだった。
まぁ、ステージも結構良く見えたので悪くはなかったけど。

それにしても、長かったなぁ。
アルバム1枚しかリリースしてないのに3時間半もやっちゃったよ。
かなり腰に来た。
アンコール最後の、2度目の『アゲアゲ』までたーーーーっぷり。
OZMAに浸ってしまいました。
『スンジョン』でタオル振り回すのは楽しかった。
そういえば、途中のコーナー中一瞬、氣志團のメンバーが出たらしく、
周囲がざわついてたが、僕は全然気づかなかった。本当だったのかなぁ。

ちなみにTVではパンツ一丁まで脱いだ『アゲアゲ』だが、
この日はパンツも脱いで出てきたのはヌード柄のボディスーツだった。
そうか!これが紅白の予告編だったか!

終演後は、飯を食う暇もなく速攻帰宅した。
2006年12月18日(月)LIQUIDROOM ebisu

最近なぜか人気のPOLYSICSの秋ツアーファイナルに参戦した。
どんどんチケットが取り難くなっていて、
この公演も主催者予約に外れ、ぴあ先行にも外れ、イープラスで辛うじて確保した。
現地に着くと、(狭くて個数が少ないことで有名な)ロッカーは案の定大混雑。
「やべー、こりゃ駅まで戻らないと無理か!?」と思ったが、
入り口に近いほうのロッカーを探したら結構あいてた。
みんな奥のほうのロッカーを探すので、ここは盲点かも。
また、この時点でTシャツはほとんど売り切れてた。なんか人気あるなぁ。

さてライブは、最近の客層の若年齢化=異常に激しいノリに
『ちょっとついて行けない感』を感じていたので、
後ろのほうでマイペースで楽しもうと考えていたのだが、
開始からなんとなく前方ブロックに入り観ていると、
非常に流れが良いせいか徐々に引き込まれていき、
結局最後まで最前ブロックでフィーバーしてしまった。
面白かった!今年一番かも。ライブでこんなに楽しくはじけたのは。

内容的には、最近の曲はもちろんのこと、
懐かしの4人同時MCや、『AT-AT』のときのピコピコハンマー、
ステージからポラ撮って客席に投げるやつもやって、盛り上がった。
久々にやった必殺の『MAD MAC』も盛り上がったなぁ。
古いファンも逃さないっすね。
逆に『I MY ME MINE』のときに聞こえて来た「せっかくだからこれ行かなくちゃ」という声は、
きっと最近の新しいファンなんだろうな。
アンコールでの『URGE ON!!』『ブギーテクニカ』は定番なんだけど、
相変わらず、死ぬほど盛り上がるのが楽しい。
最近はフミも客席を煽るので、客席は(良い意味で)大変だ。

今回は何もかも忘れて一緒に楽しもうねー!(by MAXのNANA)が実践できた。
あけましておめでとうございます。

2006年の個人的アルバム・オブ・ザ・イヤーを決めそびれていたので、
この場で発表させてもらいます。

Perfume -Complete Best- / Perfume

1stアルバムにしてベストアルバムだし、アルバムとしてどうかと言ったら
そんなにまとまりがあるわけじゃないんだけど、どれかと言ったらこれかなぁ。
他にはビークルやモー娘。のミニアルバムも迷ったけど、
それだとさらに企画色が強くなっちゃうしな。

ちなみにベストシングルと言ったら、ダントツで、
『大きな愛でもてなして / ℃-ute』でしょう。