FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2007年2月21日(水)熟成光麺(730円)+小ライス(100円)

メガネ修理に行ったら待ち時間が1時間もあったので、
東武百貨店内の『すみれ』に行こうと思ったら、なんと東武の定休日。
あちこち彷徨った挙句、結局東口の『光麺』に来た。
隣接する『無敵家』は結構行列が出来てたなぁ。

さていつものように『熟成光麺』を注文。
ほどほどにこってり、しかしほどほどに上品で、
しつこくないスープはさすが良いバランス。
中細麺にスープがよく絡んで旨い。
具は、チャーシューが変わったのかな?
『かっぱ』みたいに一度炙ってあるようで、非常に香ばしい。

「特にどこの店のを食べたいわけじゃないけど、美味いラーメンが食べたい」
というときに食べると、期待以上に美味しいラーメンだなと思った。
スポンサーサイト
2007年2月18日(日)キャベツラーメン(850円)+半ライス(100円)

Perfumeのイベント帰りに寄った。
以前はラーメン博物館にも出店していた『勝丸』は、
その後、渋谷の麺喰王国(既に閉館)、そして六本木ヒルズにも支店を出している。
今回食べたキャベツラーメンは、醤油ラーメンの上に、
キャベツとチャーシューを炒めたものがどーんと乗っている。
あまり人気メニューとも思えないが、
僕は以前に渋谷で食べたときに美味しかった記憶があって、
久々に食べてみたらやっぱり旨かった。
炒めたキャベツの香ばしさとチャーシューの歯ごたえ、
ダシが効いたスープのしょっぱさがなんともマッチしていて良い。
キャベツってホント、ラーメンによく合うなぁ。

ところでこの六本木ヒルズ店の内装は
なぜかオールディーズのムードにつつまれており、
アナログレコードがたくさん飾られている。
その中の一枚、バディ・ホリーのアルバムに、
なぜかK1の武蔵のサインが書いてあって笑えた。
★★★★☆
2007年2月18日(日)テレビ朝日 多目的スペースumu

最新シングル『ファン・サーヴィス[sweet]』発売イベントはなぜか六本木ヒルズ2Days。
その2日目に行ってきた。Perfumeのイベントに参加するのは半年振りぐらいだ。
会場は六本木のテレビ朝日の一角にあるガラス張りのスペース『umu』で、
開始20分ぐらい前に、僕が到着した時点で既にかなりの人が集まっていた。
確か僕の整理番号が202番だったから、その後に来た人や整理券のない人も含めると、
300人はいたのかな。良い具合に会場が埋まるぐらいの人数だった。

ほぼ定刻にミニライブはスタートした。
そんなにコアなファンは多くないようで、初めは若干静かめな客席であったが、
曲間のMCになり、あーちゃんが広島弁で喋り出すと、一気に場が和む。
そんな力を持ってますな、あーちゃんは。

ネットで拾ってきたセットリストは以下の通り。

1.Twinkle Snow Powdery Snow
2.おいしいレシピ
3.エレクトロワールド
4.チョコレートディスコ
5.Perfume


『おいしいレシピ』はコミカルなテクノポップ。
インディーズ時代のシングルのカップリングで、
アルバムに収録されてないので、たまにライブで聴けるのがうれしい。
そして『エレクトロワールド』は、相変わらずビートが効いていて、嫌がおうにもノッてしまう。
また、ある程度予想はしていたが、暑い。
ロッカーもなく、オールスタンディング。
みんな完全に『外を歩く冬の服装』なので、暑い。
ライブが進めば進むほど暑いが、ま、仕方ないのであった。

ミニライブ終了後は、マスコミ取材をはさんで、整理番号による抽選会。
こういう場で当選すると非常に恥ずかしいので外れてちょっとホッとした。
続いて握手会。
「握手会がある」とは特に告知はされていなかったが、やっぱありましたか。
ハロプロ系とは違って高速回転じゃないし、しゃべる時間が結構あって、
しかもメンバーはしゃべる気満々だから、変に緊張しちゃう。
今回も無難に「応援してます。次も楽しみにしてます」とだけ伝えて握手した。
おつかれさんでした。
今日、会社から帰ってくると、うちの横の道端に大きな車が何台も停まっていた。
なんだ?なんだ?と見てみると、どうやらテレビ朝日の中継車のよう。
さらに不思議に思い、家に入ると、1通のメール「近所で男性の死体が」。
マジデカーー。
夕食後、ネットでニュースを見ると確かに、うちのすぐ近くの土手で死体が見つかってる!
ホントめっちゃ近いじゃないスカ!
こえ~~~~。

野次馬大好きなので、見物したい気持ちはものすごくあったけど、
うろうろしてても不審なのでやめといた。
仕事の帰り、メガネの修理に池袋のZoffへ行った。
先日風邪を引いたとき、咳をした拍子に、
落としてレンズが欠けてしまったのだ。

いや~、この時間の池袋そしてZoffは混み合ってる。
受付してから45分。引換券を渡してから更に15分。
なんだかんだで1時間以上かかってしまった。

待っている間、久々に『すみれ』でラーメン食べようと思ったら、
滅多にない東武百貨店の定休日で店やってなくて、
いまいち土地勘もないので、他の店を探すのも一苦労。
さらにメガネを預けちゃってるので、周りがよく見えないしで参った。
結局、夕食は光麺でおいしく食べられたけど、
今日は疲れたー。

次にZoff行くなら北千住ルミネ店だな。
2007年2月15日(木)醤油ラーメン味玉入り(780円)大盛り無料+半ライス(100円)

職場から近い大泉学園、石神井公園地域には結構有名な店が点在している。
中でもインパクトの強いつけ麺で有名な、石神井公園の『井の庄』に行こうと思ったが、
この日は残念ながら定休日。とりあえず『井の庄』は場所だけ確認して、
職場のアルバイトY君が行きつけだというここ『玉屋』へ入った。
調べたところ、この場所には以前は、あの『いちや』の支店があったのだそうだ。
それを事前に知っていたからなのかもしれないが、実際にラーメンを食べてみると、
細い縮れ麺、動物系の澄んだしょっぱいスープ、ロールタイプの柔らかいチャーシュー。
そして、背脂。『いちや』に似てる!
名前は変わったけど、やってる人は一緒なのか???
よくわからんが、明るく清潔感があって入りやすいし、確かに近所にあったら何度も行くと思う。
大盛りが無料なのも嬉しい。
あと、何度も言ってるが、ラーメンの味玉子をライスに乗せて食べるのはホントに美味い。
★★★☆☆
2007年2月13日(火)つけそば玉子入り(850円)+半ライス(無料)

東京ウォーカーを見たら載っていた昨年6月OPENの新店。
ここは職場(その2)から結構近い場所で、言われてみれば、
先週「あれ、こんなところにつけ麺屋あったんだー」と、
店の前を通り過ぎたところだった。
店内は、ネットで下調べしたとおり、
7人がけくらいのカウンター、2人かけのカウンター、
それにトイレの前に1人がけの席が狭いスペースを有効利用した感じで配置されている。
僕が入ったときちょうど空いた1人がけのトイレ前(笑)テーブルに通された。
またこれもネットで調べたとおり、テーブルの上には、
ポットに入ったスープ割用のスープが置かれている。
常々、食べ終わった後に「すいませーん。スープくださーい」というのに煩わしさを感じていたので、
こういうの良いかも。ティッシュも水もあらかじめテーブル上に置いてあるし、
さらには1人席なので左右のお客を気にせずに、食うことに集中出来て良い。

さてさて、本題のつけ麺であるが、
ドロっとするほど濃厚で乳化した魚介系のスープが特徴。魚粉もたっぷり。
麺はコシの強い太麺が300gとお腹を満たすには十分の量だ。
つけ汁がちょっとぬるい気はするけど、麺とよく合っていて箸が進む。
また半ライスはランチタイム無料。食べきれるか不安だったけど、注文してみた。
デフォルトで3枚入っているチャーシュー(味がしみてて美味い!)や、
トッピングの玉子をオカズに食べるライスがまた美味しかった。
さらに美味いのがメンマ。
僕の大好きな穂先メンマですよ。穂先メンマ。
『もちもちの木』で毎回追加トッピングしている穂先メンマがここ『北かま』でも使われている。
つけ汁の底に沈んで味の染みたやわらか~い穂先メンマ最高。
食後は、もちろんポットに入ったスープでつけ汁を割ってスープを味わい、終了。
300gの麺に半ライス、スープ割り。いや~、満足満足。満腹満腹。
★★★★☆
買ーっちゃった。買っちゃった。
iMacが調子悪くなってから約2週間。ついにMacBookを買っちゃった。
ヨドバシ秋葉に行ったら、
ちょうど欲しかった機種のタイムセールやってるじゃない!
30秒くらい悩んだあと思い切って購入しちゃった。
やった!

帰宅後、セットアップを開始。
基本的な設定は想像以上に簡単に済んだけど、
やっかいだったのがiTunesデータの移行。
単純にファイルを移すだけでなく
『再生回数』などの細かい情報を引き継がせるのが大変なのだ。
ライブラリを読み込んだり削除したりの繰り返しで、
3~4時間はこれに費やした気がするなぁ~。疲れた。
結局、まっさらな状態で、
まず古いMacで書き出したミュージック.xmlを新Macで読み込み、
その上で、古いMacで書き出したライブラリ.xmlを新Macで読み込むと、
そこそこ上手くいくようだ。
出来てしまえば、そう難しいことではないけど、
道のりは長かった!
今日からは新Macの生活が満喫できそうだ。

iMacは結局、6年ぐらい使ってたのか。
OS9時代からOS10.3までよく頑張ったなー。
2007年2月12日(月)並セット(1050円)

以前、ラーメン博物館に出店していたときに、好きでよく行っていた店。
ラー博退店後、京都の本店も港北ニュータウンの支店も行ったけど、
この度、お台場アクアシティ内にある『ラーメン国技館』にオープンしたと聞き早速行った。
店の外では店員が「フカヒレラーメンはこちらでーす!」と呼び込みをしている。
お台場店だけの限定メニューで、
お勧めなんだろうけど(←確かにフカヒレラーメンを注文している人は多かった)、
新福菜館と言ったら、濃口の醤油ラーメンとしょっぱい焼飯でしょう!
というわけで、ラーメンと半焼飯のセット(ばら売りより10円お得)を注文した。
先に出てきた焼飯は味がとても濃くて美味しい。やっぱ新福菜館のウリはこれだなー。
そして、ラーメン。
以前にラーメン博物館に出ていたものよりは油が薄いような気はするが、
港北店で食べたときのような物足りなさは感じられなかった。美味しい。
油っこさが少ない分、スープをがぶがぶ飲んでしまう。
麺は結構固めで歯ごたえがある。前からこういう感じだったっけ?忘れた。
チャーシューはデフォルトで6枚ぐらい乗っていて嬉しい。
あとは麺の量がもうちょっと多いと良かったな。
後日、東京ウォーカーで見たら、麺の量130gだって。
★★★★☆
2007年2月10日(土)温玉肉餡かけつけそば(1000円)中盛り

昨年12月に渋谷にオープンしたつけ麺専門店。麺屋武蔵6店目の出店だそうだ。
ハロプロオンステージの後、渋谷に足を伸ばし、初めて行った。
食券を買い、カウンターを見ると、ちょうど2席だけあいてる。
我々がラーメンを待っている間に後からどんどん人が入ってきたのでこれはラッキーだった!
今回は食べたのは、限定メニューらしい『温玉肉餡かけつけそば』で、
麺の上に、温泉卵と、あんがかかったチャーシューが三切れ乗っている。
つけ汁は、やや酸味の効いた魚だし香る汁で、
これまた酸味のあるあんにまみれたチャーシューとよく合う。
このチャーシュー(後で知ったのだが)一度揚げられたものだそうで、
カリカリと独特の食感が感じられる。
麺はもちもちとした太麺で、噛み応えがあってかなり美味しい。
並(200g)、中盛り(300g)、大盛り(500g)が無料で選べるのが、
つけ麺店っぽくて面白い。
ただ個人的には、麺を食べながらスープもすすりたいというのがあり、
やっぱ、つけ麺よりもラーメンのほうが好きだなー。
つけ麺専門店だけど、そんな人のために『かけそば』も実はあったりする。
★★★☆☆
2007年2月10日(土)日本青年館

後藤真希とメロン記念日のジョイントライブ『ハロ☆プロオンステージ!』。
当初、行く予定はまったくなかったけど、
生バンドでやるというのを深夜のCMかなんかで見て、思わずチケット購入しちゃった。
とは言え、今まで『オンステージ』の名が冠されたライブは半分歌の半分お芝居だったし、
「1コーナーだけちょっとバンドが登場するだけなのかも……」とか、
「バンドメンバーがシャ乱Qのたいせーとかまことだったら嫌だなぁ……」とか
不安要素はかなりあった。
しかし、終わってみれば、サブタイトルの『ROCKですよ!』は間違いじゃなかった。
全曲通常のバンド(ギター、ベース、ドラムス、キーボード)メンバーによる演奏をバックにした
後藤真希とメロン記念日のライブコンサートだった!
カラオケによるコンサートが基本のハロプロ関連のライブを見てきて、
常々、生バンドのライブが見たいな~と思っていたけど、まさにその希望が叶った!
今まで何度も見たり聴いたりしてきた後藤やメロンの曲も、
やっぱ生のドラムとベースが入るとかなり印象が違って迫力がある。
CDの音源とはちょっと違ったライブアレンジって好きなんだよなー。
オープニングの『横浜蜃気楼』から『抱いてよ!!PLEASE GO ON』、
アコースティックコーナーの『香水』、アンコールの『遠慮はなしよ』『今にきっと…In My LIFE』まで、
2階席だったけど、全然問題なし。すげー楽しかった。
アンコール時の日替わりメニュー、大谷ソロの『いいわけ(シャ乱Q)』は、
客席の「なぜに大谷!?」という気持ちが聞こえて来そうだったが、
個人的にはこういう普段とは違うスタイルは結構好き。
またMCが面白かったのはメロンの村田。
独特のボキャブラリーというか、言葉のセレクトがいちいち面白い。
締めのコメントで「皆さんのニヤニヤした顔が見れてよかったです」なんて普通出てこないよ。
村田に限らず、このメンバーは、客あしらいがうまいというか、
Berryz工房や℃-uteとは違って台本通りじゃないところはさすがだ。
いやー、行って良かった。大満足。
まわりに変な人がいなかったのも良かったな。
ライブ後しばらくは『今にきっと…In My LIFE』のサビが耳について離れなかった。

追記:
今回リアレンジとバンドマスターを努めた鈴木俊介氏は、
Berryz工房の曲を初め、ハロプロ関連ではおなじみのアレンジャーのようだ。
2007年1月28日(日)横浜アリーナ

横浜アリーナ第3戦。
いよいよ、みうな&あさみのカントリー娘。としてのファイナルステージです。
会場内では有志(?)がセレモニー用にピンクと青のサイリウムを配布している。
あれみんなでお金出しあって購入して配布してるのかなぁ。えらいなぁ
僕はあらかじめドンキで1本ずつ購入していたけれど、
お言葉に甘えてさらに1本ずついただくことにした。

さて、今回の座席はアリーナ席(実際は1階スタンド)で、
ステージを正面から見られる位置なので、3回のうちで一番見やすい。
もう3回目なのでオープニングから流れは結構覚えてきてるな。
さあ、ライブは進み、本日の主役カントリー娘。の登場です。
まずは石川、藤本とともに『浮気なハニーパイ』。
「ああ、この曲をみうなが(あさみもだけど)歌うのはこれが最後かぁ」と少し感傷的になる。
そして、いつもは曲が終わると退場する石川と藤本がステージに残り、
花束をみうな&あさみに手渡して、卒業セレモニーが始まった。
ほほー、カントリーの卒業セレモニーは、カントリーゆかりの2人と一緒というわけですか。
まずはあさみの挨拶。するとブルー一色に染まる客席のサイリウム。涙ぐむあさみ。
うーむ。毎度卒業ライブでやってることではあるが、すごい光景だ。
そしてみうなの順番になると、みんなサイリウムを持ち替え、一気にピンク色に変化。
みうな「なんでピンク!?どうやったの???」だって。微笑ましいね~。
続いては石川&藤本から2人へのメッセージ。
石川の「みうなと最近やっとちゃんと話すようになった」という話には、
客席からの「えーー(3年も一緒にフットサルやってて今頃かよー)(笑)」という声が面白かった。
藤本は、あさみへの話の途中で涙。涙!ミキティが涙ですよ。珍しい!
確かメロン斉藤がガッタスを辞めるときもミキティは泣いてたし、
やっぱ共にフットサルを戦ってきたメンバーの最後には感極まるものがあるのかな。
と、挨拶が一段落したところで、
石川「今日は(中略)この方がお祝いにかけつけてくれました」。
騒然とする客席から「え?りんね?」などの声も上がる中、
石川「こんこん!」。
出てきたのは先日、慶応大SFCに合格した一般人・紺野あさ美だ!
このときの「ウォォォーーー!」という歓声は本当にすごかった。
横にいた友人N(紺野ファン)は「すげぇ!すげぇ!こんこーん!」と絶叫していた。
いやー、出たね。一般人が横アリのステージに上がっちゃったね。
紺野は卒業する二人に「自分は一足先に卒業したけど頑張って」的なメッセージを送った。
あやうく主役のみうな&あさみより目立っちゃうところだったが、
そこは紺野の出過ぎないキャラクターも助け、無事にセレモニーは終わった。
そして最後『革命チックKISS』で℃-ute、Berryz工房とともに、派手に歌って踊って帰っていった。
それにしてもカントリー娘。の卒業にこんなにちゃんとした場が用意されたのは嬉しい限りだ。
りんねの最後なんて牧場イベントだったもんなぁ~。幸せもんですよ。
良くも悪くも、何度もモー娘。の卒業セレモニーをやってきた成果ってとこかね。

この後は、通常通りに進行していき、いつもの『ALL FOR ONE & ONE FOR ALL』で大団円。
恒例の辻は、またまた後藤とともに『愛すクリ~ムとMyプリン』で尻を振りながら退場していった。
そして最後に残ったみうなとあさみは、
正面ステージ中央で『浮気なハニーパイ』の脚パカパカをやって去っていった。
明るくさわやかな最後だった。

ライブ3連投で、すごく疲れたけど、最後のライブが一番楽しかったので、
満足して終わることが出来てよかった。
2007年1月28日(日)横浜アリーナ

横浜アリーナ第2戦。
この回の僕の席はスタンド席最後列で、まさに天空席ってやつです。
でも座席の位置が昨日より真ん中寄りになったので、
昨日見えなかったものが今日は見える場合も結構あった。
さらには横にかなり気持ち悪い踊りをする輩がいたので、
なるべく歌に集中するようにした結果、ほぼ鈴木愛理中心に見ることになりました。
カントリー娘、の『革命チックKISS』のときなんか、バックダンサーに
℃-uteとBerryz工房が全員出てくるから、追いかけるのが大変だったなぁ。
他に印象的だったのは、後藤の『SOME BOYS! TOUCH』かな。
曲自体というよりも、ステージングの構成がかなり変わっていて「オッ」と思った。
昨日はスクリーンの映像を多用した演出だったのに、
今回は映像はほとんど使わず本人のダンスにスポットを当てた感じ。
「へー、こんな短期間にこんなに変えることってあるんだー」と感心した。
ライブってのは生き物ですね。(なんだそりゃ)

あれやこれやでこの昼の部も無事終了。
今回、辻は、後藤と一緒に『肉体は正直なエロス(メロン記念日)』の腰フリで、
カメラにアピールしてから退場していった。辻ちゃんは面白い子だねー。

というわけで、今回は昨日の復習と夜公演への予習っていう感じでしょうか。
夜の部に続く。
2007年1月27日(土)

例のごとくハロプロライブの後にやってきた。
遅めの時間だったこともあり、結構すいていたので4軒も巡ってしまった。

『井出商店』ミニチャーシュー麺
もっと豚骨スープが濃厚で、醤油はしょっぱーいイメージがあったけど、
食べてみると意外に薄く感じた。
なんとなくチャーシュー麺を食べたが、後のことを考えると普通のほうが良かったかも。

『こむらさき』ミニラーメン
僕がラー博に来るようになってからずっとある店。かなり久しぶりに食べた。
いわゆる熊本豚骨ラーメンらしくあっさりと食べやすく、スルッと食べられちゃう。
にんにくチップが香ばしくて○。
ちなみに同行した友人Nは、ミニラーメンを頼んだのに普通のラーメンがやって来てしまい、
店の人は「残しても構わないので…」と言っていたが全部食った。

『春木屋』ミニ塩ラーメン
新メニューの塩ラーメンがあったので、試しに食べてみることにした。
これは美味いです!
春木屋ならではの魚介系の風味はそのままに、塩のまろやかさとのバランスが絶妙。
もちろん醤油ラーメンも美味いだろうけど、これも美味いなー。
次の店があるので、ちょっとスープを残してしまったのが悔やまれる。

『欅』ミニラーメン
最後はここの味噌ラーメン。
ラーメン博物館自体のラストオーダー時間ぎりぎりで着席することが出来た。
食べる前の時点でもうお腹いっぱいではあるんだけど、せっかくですから。
まるでレストランの前菜のような器に入ったミニラーメンはそんなに多くなくて助かった。
甘めのスープは結構あっさりしていて、白ねぎと一緒に食べるとさっぱり食べられて良い。
今日のシメにはちょうど良かった。

というわけで今日の4軒は、
醤油(豚骨)ラーメン→豚骨ラーメン→塩ラーメン→味噌ラーメンと、
綺麗に4種類の味が楽しめた。たまたまだけど。
4杯も食ってしまったので、翌日は腹痛かなと思いきや意外に平気だったのは嬉しかった。
僕の胃も少しは強くなったかな。
2007年1月27日(土)横浜アリーナ

毎年恒例1月末のHello!Projectのほぼ全員が集合する横浜アリーナ公演だ。
これがカントリー娘。あさみとみうなのフェアウェルコンサートとなる。
そもそも僕はファンクラブではこの土曜夜の公演しか予約していなかったのだが、
「みうなの最後は見に行かなくちゃアカン!」と、まず友人Nに日曜夜のチケットを確保してもらい、
さらに友人Nが余らせてしまった日曜昼のチケットを安価で引き受け、
結局3連続で参戦することになった。アホダナー。

というわけで、第1戦。
席は、アリーナ席(と言っても1階スタンド)中ぐらいで、ステージ真横!って感じ。
昔行ったジョージ・ハリスンの東京ドームを思い出す。
会場は、まるでミュージックステーションのスーパーライブのようで、
スタンド内周を花道というか通路が1周している。
ステージは見えにくいが、メンバーがサイドに来たときは割とよく見える。

さて、オープニングは、ハロプロエッグによる『Hello!のテーマ』で幕を開けた。
人数は多いけど結構地味なスタートっすね。
以下、思い出すところをちょっとずつ。

~笑顔YESヌード(モーニング娘。)
序盤で早くもモーニング娘。登場。新メンバー光井愛佳ホントの初ステージだ。
期せずして、結構貴重な瞬間に立ち会っちゃいましたか。
光井はBメロにソロパートを任され、問題なくこなしていた様に見えた。
たぶんこれから成長するにしたがってどんどん磨かれていくんだろうけど、
現時点では(オーディションのときから)おばちゃんに見えて仕方ない。

~お願い魅惑のターゲット(メロン記念日、Berryz工房、℃-ute)
昨年のメロン唯一のシングルは、歌って踊れて良いんだけど、
メロンではなく、ほとんど鈴木愛理(℃-ute)見てました。スマン!

~ヤングDAYS!!(THEポッシボー)
ハロプロニューカマーはTHEポッシボー。大きなステージは初登場じゃないかな?
衣装はフラウ・ボウの制服を模してるみたいだし、
時東ぁみと行動を共にすることが多いし、秋葉系ってことですか?
そのグループ名の由来は今まで知らなかったけど、
歌詞の字幕を見て初めてわかった。"possible"だった。
「ガタメキラ」とか「リルラリルハ」みたいなもんですね。

~メロディーズ・Thanks!(GAM)
他は1曲が多いけど、GAMはメドレーで2曲。
Thanks!は席がスピーカーに近かったせいかオケの細かい音までよく聞こえる。
普通にiPodとかで聴いていたときには気づかなかったパーカッション音がカッコ良い。
これは新発見。

~晴れ 雨 のち 好き(安倍、矢口、吉澤、高橋、新垣、亀井)
この曲自体は色んなユニットのライブでたまに聴くけれども、
なっちがいる。矢口(!)がいる。モーニング娘。さくら組じゃないスか!
会場から「オオーーー!」という歓声が上がった。
僕は行かなかった正月のエルダークラブのライブで、
2年ぶりに矢口が『歌った』というのを聞いていたが、ここで出ましたか。
禊は済んだってことかねー。
Bメロの矢口ソロパートの矢口コールはすごかった。
でも「オリジナルメンバーからは紺野と加護がいない」とNくんは嘆いていた。

~愛の園 - Touch My Heart -(飯田、石川、辻、藤本、道重、田中)
さくら組と言ったら、おとめ組。続いて出ました。辻がかなり頑張ってます。
辻はここ最近『自分の曲』を全然歌えてないので、こういう形でも歌えてよかったなと思う。
また、そういえば飯田もいたなぁ~とあらためて気づいた。
ちっちゃなメンバーが多いので、よけいに大人に見える。
センターステージで最後のポーズとる前の飯田がバタバタしていて面白かった。

~浮気なハニーパイ(カントリー娘。に石川梨華と藤本美貴)
満を持してのカントリー娘。登場。
開演前「紺野の代わりに石川が入ったりして」とか話してたら本当にそうなった。
やっぱ『浮気なハニーパイ』は欠かせない曲だろうし、
カントリー娘。ゆかりのメンバーと言ったら妥当なところだろう。
この曲が終わったところで石川と藤本は退場し、
ステージはカントリー娘。の3人だけになった。あさみとみうなから卒業の報告だ。
あさみは「良い青春を過ごせた」的なことを、
みうなは「夢をかなえます。また会いましょう」的なことを言っていた。
あさみはもう泣いてる。りんねと一緒の頃から6年もやってたもんな~。

~革命チックKiss(カントリー娘。、Berryz工房、℃-ute)
挨拶に続いてこの曲。昨年出たベストアルバム用の新曲なんだけど、
カントリー現メンバー3人だけで歌ってる曲ってほとんどないので、貴重。
この時ばかりは、Berryz工房にも℃-uteにも目をくれず、みうなを凝視してました。

とまぁ、主なところはこんな感じでしょうか。
ラスト曲のあと、辻がめっちゃコマネチしまくりで、
カメラにアピールしてから帰っていったのが印象的だった。

最後は、メインステージはあさみとみうなが残り、手を振ってお辞儀して終了した。
比較的地味な2人の卒業だけど、明日もちゃんとスポットを当ててくれそうだなと、
少し安心して帰った。というかラーメン博物館へ。

ささっと書くつもりが長くなっちゃった。