FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2007年6月10日(日)新木場STUDIO COAST

去年大晦日のCOUNTDOWN JAPANでたまたま見て以来、
すっかりファンになったDOPING PANDAのワンマンライブに初めて参戦した。
STUDIO COASTに来るも初めてだ。

会場に着くと、すでにツアータオルやTシャツを着ている人がそこらじゅうにいる。
会場の外でグッズを買って、それをロッカーにしまってからライブに臨むのがベストなんだけど、
会場外にグッズ売り場は見当たらず、そのまま外のコインロッカーに荷物を入れ会場に入った。
入ってみると、グッズ売り場もコインロッカーも会場内にあるではないか。
こりゃ赤坂ブリッツ方式ですな。
次回はその辺もふまえておく必要があると思った。

さてさて、開演時刻が迫るにつれ、
初め余裕のあった会場内の人口密度が(あたりまえだけど)どんどん高くなってくる。
僕は少し後方に下がって始まりを待った。
多少窮屈ではあるが、女性の比率が高いので、ステージは結構見通せるし、
会場自体も横長で、ステージまでの距離も遠くない。

程なくして、アルバム『DANDYISM』のOP曲『High Pressure』を出囃子にメンバーが登場した。
そして1曲目は……『Hi-Fi』だ!『Hi-Fi』で今日のライブがスタートだ!
ウォー!一番聴きたかった曲を一番最初に聴けるなんて幸せだー。
「こりゃぁ幸先良いぞー」と心の中でガッツポーズ。
2曲目は最新ミニアルバムの1曲目『Hybrid breeder』。
どんどんアゲて行くね~。出し惜しみしないね~。

その後の曲も、およそ聞きたいと思っていた曲はほぼ網羅していて、
ファン(ドーパン的には『メイニア』ですかね)初心者にも優しいセットリストだった。
特に終盤の『I'll be there』『MIRACLE』『The Fire』連発は圧巻だった。
『I'll be there』で徐々に湧き上がってきて、
『MIRACLE』と『The Fire』でもうワ~~~~~~~~って感じ。
この3曲だけでも行った甲斐があったというくらい良い時間だった。
本編終了後、アンコールは2回あったけど、2回とも変に凝らずに、
ササッと演奏して、パッと終わっちゃうところが好感が持てた。

楽曲以外のところでは、
『Transient Happiness』のスターの足パカパカが生で見れて嬉しかった。
やっぱドーパンのライブではこれ見ないとねー。
スターの軽妙なMCも相変わらずで、内容は忘れたけど面白かった。
またHAYATOのドラムセットが結構低い位置にセットされていて、
これが、軽~くやってるというか、
実はテクニックがあるのに、さりげない感じが出てて良かった。
そう、全編を通して、
結構高いスキルの演奏なのに、それをわざとらしく感じさせないところが、
僕が感じるDOPING PANDAの魅力のひとつなのかもしれない。

ところで余談だが、STUDIO COASTの外ロッカーは、
なぜかロッカー番号が鍵のほうに書かれていないので、
自分で覚えていなければならないという不思議なことになっているので注意が必要である。

ともあれ「あとは武道館しかないでしょう」というようなことを宣言していたスター。
Mステは全然出たそうじゃなかったけど、こっちは本気のようだ。
ますます楽しみ。
Studio Coast

たぶん合ってると思われるセットリストは以下の通り。
続きを読む
スポンサーサイト



2007年6月9日(土)角ふじラーメン(700円)

ついこの間『味の時計台』が開店したと思ったら早くも退去し、
同じ場所にこの『優勝軒』がオープンした。
ここは一大勢力となった茨城大勝軒グループの一店で、
特徴的なのは、同社がかかえる東池袋大勝軒系と、
角ふじ系の両方のラーメンを提供するところ。
大黒屋本舗で昼と夜で其々のラーメンを出すことはあっても、
同時に出すのはここだけなんじゃないかな。
国道沿いで広い店舗を使っているせいか、家族連れが非常に多く、
夕方18時前でも結構行列している。
30分ほど待ってようやくラーメンにありつけた。

食べたのは、角ふじラーメン。
普通盛り(150g)、中盛り(200g)、大盛り(250g)が同じ値段で、
今回は中盛りを注文してみた。適度に多くて僕にはちょうど良かった。
一見してほかの角ふじと違うのは、具の野菜にキャベツが多いところ。
少し前に野菜の値段が高騰してから、モヤシの割合が多くなる一方だったが、
久々にキャベツがちゃんと入ってるのを見た。
それから刻みタマネギが結構入っていて、
クドくなりがちな角ふじのスープを比較的さわやかにしている。
そもそもスープ自体、他よりもこってり度合いが低い気もする。
ファミリー向け角ふじはこういう感じなんですかね。
また、チャーシューだけは他店の厚くボソッとしたのとは異なっていて、
薄めで炙ってあるものだった。

全体的にちょっと物足りないような気がしないでもないが、
もし自宅の近所にあったら、何度も行くだろうなぁと思う。
近くないので行かないけど。
★★★☆☆
2007年6月3日(日)特製鶏白湯ラーメン(840円)

小金城址から南柏駅前に移転した麺ぽーかろぅに移転後初訪問。
以前は住宅街で駅から遠く、駐車場もなかったが、
新しい店舗は駅からすぐ近くで、周辺にコインパーキングもたくさんあって、
格段に行きやすくなった。

移転とともに塩ラーメン専門店になったそうで、
あっさり塩、トマト、鶏白湯、海苔塩と、塩だけで4種類もある。
さらに限定メニューで醤油ラーメンもあり、
何食べようか迷ったが、ちょっとこってりしたのが食べたかったので、
『鶏白湯』を注文してみた。豚骨ラーメンの鶏ガラ版ってとこですかね。
初めに食券を渡すとき、「焦がしネギとにんにくチップは入れますか?」、
「油は少なめ・普通・大め、どれにしますか?」と聞かれたので、
ネギ・にんにく有り、油は普通にしてもらった。

上品かつコクのある鶏白湯スープは味わい深く、
縮れた細麺によく合っていて箸が進む。
具は、メンマがメンマが穂先メンマを使っていて、超ジューシーで美味い。
チャーシュー2枚も多少歯ごたえがある程度の柔らかさが○。
全体を通じて、ニンニクチップが良いアクセントになっていて、
これは入れて大正解だったなぁ。美味い。
こんなに飲んだのは何年ぶりだろうというくらい、スープをガブガブ飲んでしまった。

程々に愛想の良い店主の「(扉開けっ放しで)寒くないですか?」という気遣いも良い。
大満足。是非また行っていろんなラーメンを食べてみたい。
2007年6月2日(土)日比谷野外大音楽堂

POLYSICS初の野音ワンマン公演に参戦。
雨が多いことで有名なPOLYのライブだけど、今日は晴れた!
オールスタンディングが定番のPOLYSICSのライブにあって、
全席椅子席の野音での開催には、mixiとかで批判の声もあったみたいだけど、
やっぱ野音ってのは特別なんじゃないだろか。
武道館まではいかなくても、ある種のステータスみたいな感じがする。
あのギターウルフでさえやってるし。

さて、まだ明るい開演前、入場してステージを見ると、
ステージ上にセットが組まれている。これはかなり新鮮かも。
左右端に階段があってドラムの後方に上れるようになっている。
開演時間になり、ハヤシ以外の3人が持ち場につき、
「さぁハヤシはどういう風に登場するのかな」と思っていたら、
ハヤシはドラム後ろからせせり上がってきた。
そして、ステージを動き回るハヤシ。
ふと見ると……、「あ!ギターがワイヤレスだ!!」。
そして左側に目を移すと、「フミのベースもワイヤレスになってる!!」。
今までどんなに広いステージでも長いケーブルを繋げていたPOLYが
ワイヤレスの楽器で演奏なんて初めてに近いんじゃないかな。
少なくとも僕は見たことがない。
今まで、こだわってたのかどうか分からないけど、
今回については、線を繋いだまま階段を登り降りするのは無理があるし合理的。
レアな現場を見ることが出来て良かった。
ただそのワイヤレスのせいか、音が小さかったり、出なかったりのトラブルが
何度かあって、いつものローディーの人が忙しそうだった。

今日のセットリストは、最新アルバム『KARATE HOUSE』が中心の構成。
序盤で『PLUS CHICKER』のイントロを聴いたときは、
「おお!今日はいつもと違って古い曲いっぱいやるかな???」と思ったけど、
そうでもなかった。インディーズ時代の曲はこれと『BUGGIE TECHINICA』だけか。
まぁ、いいんですけど。
<だいぶ中略しちゃうけど、>
いつの間にか日もとっぷり暮れ、本編最後の『URGE ON!!』。
この必殺の超速ナンバーを、フロアからではなく、
椅子席から見るというのが、またものすごく新鮮だった。
この曲だけは、「突っ込みてぇ~」ってとこですね。

それから、今回はアンコールが結構充実していた。
「野音ならでは!」って感じで。
1曲目の『COMMODOLL』は初めハヤシがエレアコ一本で弾き語ってて、
DEVOのライブ盤『Now It Can Be Told』を彷彿とさせた。
『PEACH PIE ON THE BEACH』では『上北沢ピーチガールズ』なるチアガール軍団が
10人ぐらい出てきて曲を盛り上げた。
立ち位置が妙に右にずれてたり、リフトアップしてもすぐ落ちてきちゃったり、
いかにも急ごしらえの息の合ってなさが、ユルい雰囲気を醸し出して逆に面白かった。
あと、客席にジャンボ風船を飛ばすのも特に野音らしかったな。

というわけで今回のライブ、全体的に「野音、全然OKじゃん!」って感じ。
都会の真ん中なんだけど、野外で開放的で気持ち良い。
年に1回ぐらいはやって欲しいなと思った。
オールスタンディングでもっと暴れたい人は多いだろうけど、
実際、最近の異常な盛り上がり具合があまり好きじゃなかったので、
僕には最適で快適なライブだった。

セットリストは以下。
続きを読む
大泉大勝軒

2007年6月1日(金)ラーメン中盛(630円)

前々から行ってみたいと思っていた大泉大勝軒。
どのくらい修行していたのかは知らないが、東池袋大勝軒系の店である。
昼休みに銀行へ行ったついでに初めて行ってみた。
5月はずっと風邪引いていてほとんど外食していなかったから、
久々に店内でラーメンを食べる。

店内はカウンターと大テーブルがあって、町の食堂って感じ。
一人でも入りやすい。
ラーメンは、一口スープをすすると上品な魚介の香りがして、
いかにも東池袋系大勝軒という感じ。
でも初めは『上品』と思えたこの感覚が、
食べ進むと薄くて物足りない感覚に変わってくる。
よく考えてみると、この大勝軒系の店って、
この終盤の物足りなさを麺の量で補ってるのかな。なんて思った。

で、その麺は、もちもちとしたストレート中細麺で、割と柔らかめ。
普通盛(1玉)、中盛(1.5玉)、大盛り(2玉)がどれも値段が同じなのが良心的。
具は、チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔とオーソドックスなもので、。
チャーシューがパサパサで固くて、こういうのは結構好き。懐かしい感じがする。
また、今回僕はラーメンを頼んだので関係なかったけど、
つけ麺(もりそばだったかな?)の人は、スープ割りを頼むと、
おっさんがポットから直接継ぎ足してくれる。
次回行く機会があったら、つけ麺を食べてみようかな。
★★☆☆☆
ガストステージ

2007年5月12日(土)幕張メッセ イベントホール

芸能人フットサルリーグスフィアリーグを脱退し、
すかいらーくグループリーグを立ち上げたガッタス。
新たなリーグは一般企業の女子チームとの対戦だ。

入場してまずグッズ売り場の列に並んでみたが、
「もしかしたら試合前に練習とかやってるんじゃない?」という話になり、
ホール内へ入ってみると、ビンゴ!
まさにガッタスが練習してるじゃないすか!
おお、ミキティやってるねー、と思ったら、雅がいる!矢島がいる!愛理がいる!
ウォー!新メンバー全員いるじゃん!かなりテンションが上がった。
特に目を引いたのが矢島で、ミキティよりも全然でかい。
今までの歌衣装なんかでは気付かなかったけど、がっしりしてる。
それでいて動きが良い。スマートなのになんか逞しいなぁ。
今後はこの背番号17番に注目だ。

さて、開会式。他の3チームはチームごとにまとめてひとかたまりで入場だが、
ガッタスだけはメンバー一人一人がコールされて入場だ。
矢島、愛理あたりはひときわ声援が大きかった気がする。
℃-uteのメンバー個人にこんなにスポットが当たるなんて嬉しいなぁ。

第一試合のスタメンはFPに吉澤、藤本、里田、矢島。GKに須藤。
おお!いきなりスタメン矢島だー!
さすがスポーツ万能。ほとんど練習とか出来なかっただろうに意外に動けてる。
ただ、あちこち走り回った割にはチームメイトと重なる場面が数回あったのは、
まだまだ最初だからか。でも初期の柴田なんかと比べると格段にうまい。
こちらも初登場、須藤茉麻は言われたことをちゃんと守ってる感じで、
何度もファインセーブがあった。GKは紺野も辻もいなくなっちゃったから期待は大きい。
後半は矢島が下がって、中島が登場。
里田の日記によると、練習で動きが良かったそうで、期待してたけど、
実際は、どういう風に戦ったら良いのかものすごく戸惑っていた様子で、
ボールにもあまり触れずに、ウロウロしてたら時間過ぎたという感じだった。
観ていて、なんかかわいそうになってきた。ミキティとかなんか怖いしな。
結局、試合は0-2で負けだったか。

第二試合、吉澤、藤本、里田は変わらず、
他は入れ替わり立ち代わりで、中島以外は全員試合に出たと思う。
清水の絶妙のセンタリングは、たまたまなのか狙ったのかわからないけど、
会場中が「おお~!」と沸いた。あれが狙いだったらすげぇなぁ。
また、吉澤のシュートしたボールが、ゴール前にいた愛理に届きそう!
愛理いきなり初ゴールか!?でもそのままゴールインして吉澤の得点だった。
というシーンもかなり盛り上がって印象的だった。
試合は確か1-1で引き分けた。

お次はエキシビジョンマッチ。
なんとBerryz工房vs℃-uteのハロプロキッズ対決だ!
リトルガッタスの紅白戦とは聞いていたけど、まさかベリキュー対決とは!
この日のメインイベントと言っても過言ではないでしょう。
℃-uteは矢島が上手すぎるので、キーパーに下げたのかな?
矢島はGKとしても、本来のGK梅田より遥かに安定していて、
「矢島は何でも出来るなぁ~」って感じ。
また、この試合だけ登場の岡井が張り切りまくりで、
ドリブル、フェイント、ディフェンス全ての面で目立っていた。
萩原舞ちゃんとのコンビネーションも良くて、
ちっちゃいコンビが走り回った!という感じ。
岡井をはじめ、萩原、嗣永、熊井は、ガッタスの試合中は、
ベンチ裏に立たされてるだけみたいなもんだったからな~、
岡井のそれまでの鬱憤を晴らすかのような動きっぷりは凄かった。
嗣永桃子は走り方が面白かった。
結局試合は0-0で同点のままタイムアップ。
しかし引き分けと思いきや、この日のルールはなんとPK戦で完全決着。
イイ!
そのPKは、リードされていた℃-uteが最後のキッカー矢島で追いついて、逆転勝ち。
これはイイ!
全般的に℃-uteのほうが泥臭く走り回る感じで、
Berryz工房はキャプテン清水以外はちょっとクールすぎたか。

第三試合はこの日の最終戦。
なんとガッタスのメンバーではなかった岡井が、
ガッタスのユニフォームを着て、ガッタスとともに入場。
さっきの紅白戦で活躍したからその場で起用!?こんなんあり???
試合も随所に観客を沸かせていたけれど、
さっきの紅白戦のようには自由に動き回ることが出来ず、
先輩メンバーとの息も合ってない気がした。
ディフェンスを意識しすぎて「自分で得点する!」という積極性がやや少なかったのかも。
(偉そうなこと言ってすいません)
試合はミキティ久々のゴールで1-1に追いつくも、
最後は吉澤のミスで失点。負けた。
この結果、0勝2敗1引き分けで、最終成績は最下位。
新しいリーグの幕開けにしては少々寂しい結果だったけど、
内容的には大満足。面白かった。
従来メンバーなんだったの?と言うぐらいBerryz工房&℃-uteの活躍は楽しかった。
矢島は期待大。須藤も良かった。こんな感覚はスフィアリーグでは味わえないだろう。

今回は石川、柴田、是永が仕事の都合で不参加だったため、
吉澤、藤本、里田の旧メンバーは3人全試合フル出場、
残りを新メンバーが交代で入るかたちだったけど、
次回以降メンバーが揃ったときに、北澤がどういう采配をするのかも楽しみ。
また見たい。

そうそう、今回は、King of TOKYO『アマラオ』が、
なぜかガッタスのコーチとしてベンチ入りしてた。これからも参加するのか?
そして、なぜか旧メンバーは全員半袖で、新メンバーは全員長袖ユニフォームだった。
新メンバーは夏に向けて、半袖を貰えるのだろうか。

ガッタス舞美
2007年5月6日(日)さいたまスーパーアリーナ

個人的GWイベント第6弾。いやー、名古屋から続けて4連戦、
GW最終日を飾るのは、春ツアーファイナル、
そして、モーニング娘。リーダー吉澤ひとみの卒業コンサートだ。
まぁ、卒業コンサートと言っても慣れたもので、もはや定例行事って感じかな。
会場に入ると、そこらじゅうでサイリウムを配布しているのが目につく。
入場ゲート、入場ゲート、入場ゲート、そして通路と、
『今回の色』である白いサイリウムを配っている。
僕もトイレの帰りに、
「恋愛レボリューション終わったら点けてくださーい」とサイリウムを受け取った。
この人たち、毎回、事前に会場やプロダクションに許可取って、
その上、お金を出し合って配布用のサイリウムを準備して、会場では熱心に配布する。
この一生懸命さ、エネルギー、そして統率力はいつもすごいなぁと感心する。

今回は、吉澤卒業以外にもトピックがいくつかあった。
まずは新メンバー(留学生って何?)ジュンジュンとリンリンのお披露目。
これは顔見せ程度で「ヨロシクオネガイシマース」と挨拶して終わった。
それから、高橋愛の怪我。
前の週の横須賀公演で足を挫いたそうで、
一部の曲を除いて、メンバーの輪から外れ、舞台下手で一人歌ったり、
(激しいダンスは無理なので)リズムを刻んだりしていた。
遠くから見ると余計に一人だけハブられてる感じで、かなり寂しげ。
DVD化の際は、うまく編集して違和感ないようになるのかな。

セットリストは、終盤の吉澤セレモニーまでは、
ツアー初日に座間で見た内容と同じようだ。
その中で、唯一の日替わりメニュー(高橋ソロor田中ソロ)が、
今回も田中ソロではなく、高橋ソロだったのは残念。
愛ちゃんは座間で見たから、今回はれいなが見られば嬉しかったのになぁ。
ま、この曲以外ではタップリれいなのプリップリダンスを見れたからよしとするか。
ところで、道重太った?想像よりもはるかに顔が丸かった気がするが……。

さて『恋愛レボリューション21』のあとは、
サイリウムを配っていた人が言っていた通り、
ヨッスィーが一人で(美空ひばりみたいな衣装で)登場し、いよいよ卒業セレモニー。
客席は、もちろん、サイリウムの白い光でいっぱいだ。
そして吉澤ソロ曲を歌いきった後、メンバーからの送る言葉コーナーに移った。
「絶対泣かない」という宣言通り、ヨッスィーは拍子抜けするぐらい終始笑顔だった。
小春を筆頭に泣き崩れてしまうメンバーに、冗談で返したりして、
今までにない明るいセレモニーになった。

そして、ヨッスィーが「決めていた」と言う卒業ソングは……、『I Wish』!
辻&加護のときもこの曲だった。石川のときもこの曲だった。
やっぱそうなんだよ~。4期メンバーと言ったら、この曲しかないッスよ。
この曲をレコーディングしたメンバーはもうヨッスィーしか残っていないわけで、
新垣の「吉澤さんが卒業すると、私の中のモーニング娘。がいなくなっちゃう」という
言葉も非常に納得できる。
(でも辻も加護もあんなことになっちゃった今、非常に寂しい曲でもある)

さらに、アンコール数曲をはさんで、
オーラスは『青空がいつまでも続くような未来であれ』。
この曲では途中でミキティの号令とともに、隣の人の肩に両手をかける。
人呼んで『青空トレイン』は、噂には聞いていたが、知らん人に触れるのは、
なんかちょっと気持ち悪いな~。

最後の閉めの挨拶のとき、光井が「滋賀(県出身光井愛佳です)!」と、
開始の挨拶を言いそうになったのはご愛嬌。
毎回言ってるからついつい条件反射のごとく出ちゃったんだろう。

というわけで、今日のコンサートは、
今までの卒業コンサートと比べて、最も卒業っぽくないコンサートだった。
後藤の卒業コンサートなんて、息苦しいほど重苦しい雰囲気だったもんなぁ。
ともあれ、こういう記念の会は参加してナンボですからな、
無事に見届けることが出来て良かった。

おつかれいな~。
話題の石川遼が出場するゴルフ関東アマチュア選手権の会場は、
よく見たら、僕の実家のすぐ近くのゴルフ場だった。
うちの親は知ってるかな~と、聞いてみたら、そんなの愚問。

昨日も今日も観戦に出かけていて、明日も行くんだって。
さすがうちの親父だ。
2007年5月5日(土)Apple Store Ginza

個人的GWイベント第5弾は、YMCK。
リーダーYokemuraによるワークショップと、
YMCKのミニライブが合わさったイベントである。
名古屋からの連戦に、朝の時点では「もう無理だ~」と思ったが、
夕方になって、ややパワーが回復し、
「銀座は割りと近いし、駅の近くだし、ミニイベントだし、いっちょ行くか!」となった。
スタート10分前ぐらいに現地到着。アップルストアの3階(だったかな?)は、
やや広めの試写室という感じで、予想以上に立派な会場だった。
80人ぐらいの座席はすでに満席で、僕は通路に腰掛けることにした。

まずはワークショップから。
テーマはYokemura自作のプラグイン『Magical 8bit Plug』の解説と使用例。
時間になり、普通にスーツ姿のYokemuraが出てきた。
パワーポイントを使ってプレゼンする様は、
ミュージシャンというよりもエンジニアって感じ。
『Magical 8bit Plug』の特徴である「疑似三角波」と「ロービットノイズ」が、
いかにYMCKの旧ファミコンライクな楽曲にとって必要か、そしてどう取り入れてるかを、
YMCKの曲『カモン!スウィングオールスターズ』(←たしか)をサンプルに解説した。
この「疑似三角波」と「ロービットノイズ」ってのが普通のシンセでは再現できないらしく、
確かに使用前・使用後の音色を聞き比べると、すごくわかりやすい。その効果には納得だ。
「疑似三角波」は簡単に言うと、スーパーマリオの1-2のメロディみたいな音色で、
Yokemuraがそれをキーボードで弾いたときが、会場が一番盛り上がった。
「ロービットノイズ」はまさに初期ファミコンのパーカッションを担う音色。
月並みだが、僕もこのプラグインを使って何か作りたいなーと思ってしまった。
でもプレゼンのようにそう簡単には出来ないんだよな~。
30分ほどでワークショップは終了した。
「トラック数は増やしても、同時に鳴らす音の数は昔のファミコンと同じにする」という
別に守らなくてもいい決まりをYokemura自ら課すという職人的こだわりが、なんか面白かった。

お次は、そのワークショップの内容を踏まえ、
実際に『Magical 8bit Plug』を使用したYMCKのミニライブだ。
一旦、控え室に戻ったYokemuraが他のメンバーとともに再登場した。
バック映像はこの日のアップルストア用にカスタマイズされたもので、いつもながら芸が細かい。
20分ぐらいの短いライブでも、ちゃんと作って来るんだな~。
また、新曲?と思われる曲を聴くことが出来たのも良かった。
「サードアルバムに入っている…」とか言っていたから、近いうちに新アルバム出るんだろか。
もちろん、ワークショップで例に挙げた曲も聴けて勉強になった。
ボーカルが入るとまた完成度がグッと高くなるね。

というわけで、このイベントに行ったせいで、
さらに連戦連戦になってしまったが、行って良かった。何と言っても無料だし。
こういう無料イベントを毎週のように開催しているAppleすごい。