FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2008年2月13日(水)東京ドーム

ポリスの再結成ライブに行ってきた。
昨年再結成を発表したときも驚いたけど、来日してコンサート、
しかも場所は東京ドーム(と大阪ドーム)というから驚いた。
正直「ポリスってそんなに人気あったっけ?」と思ってしまったのだが、
実際はチケットは売り切れ、
当初予定の翌日にも同会場で追加公演が決まったというではないか。
みんな、疑ってスマン。

当日(↓写真は開演前)。
police01
まずはスティングの息子が率いるバンドFiction Planeが前座をつとめた。
スティングの息子が音楽活動をしているということは、
来日公演の告知ページで初めて知ったんだけど、
ポリスと同じくベース、ギター、ドラムの3ピースバンドで、
スティング息子はベース&リードボーカルを担当。
それに体格も顔も、あのちょっとハスキーな歌声も親父に似ており、
弾き方も親父スティングと同じ親指ピッキング!
こんなに似せちゃっていいの?
演奏自体は3人だけとは思えない音の厚みがあったしテクニックもある。
でも、全体的には「なんか物足りない」感が否めない。
偉大すぎる親父と同じ土俵で戦うってのもなんだなぁ(戦ってるかどうか知らないけど)。
ただ、妙に日本語のMCが流暢だったのは面白かった。

Fiction Planeのライブは30分強で終わり、しばし休憩。
この時間を利用してトイレに行こうと思ったところ、
男子トイレがものすごい長蛇の列だった。
女子トイレならわかるけど、なぜ???
理由はすぐ分かった。
スタンド後方にある4か所のトイレのうち、2か所が改装中なのだ。
そりゃあ一極集中してしまうわけで、満員のドームでこれはひどい。
年齢層も高いんだから、ちゃんと整備して欲しいよ。
僕はまぁなんとか行列の短いほうに並んで、無事に用を足し、
開演時間までに席に戻ることが出来た。

19時31分。
Fiction Planeのとき半分ぐらいだった客席はいつの間にかほぼ満員。
場内は暗転し、ステージ上にメンバー3人が登場した。
そしてアンディが弾きはじめた1曲目は……あのリフ!
『Message In A Bottle』だ!
1曲目から出し惜しみしないのが良い。
ほとんど座っていた客席が一気に総立ちになり、
会場からは当然ながら「ウォォォ……」とすごい歓声が上がった。
ところでステージの左右には大型ビジョンが設置されているのだが、
ここではまったく使用しなかった。
トラブルというわけではないみたいだし、
「ステージ上の3人だけに集中しろ」ってことなのかな?

続く2曲目は『Synchronicity II』。
ここでイントロが始まると同時に、大型ビジョン、そして照明が、
アルバム『Synchronicity』でお馴染みのあの3色の3本線に!
ウォー!!
Synchronicity
(こんな感じ)
そうか、この演出ために1曲目は敢えてビジョンを使わなかったのか!
これはカッコイイ!これはテンションが上がる。
赤いストラトを弾きまくるアンディもカッコイイ!
曲の終わりにはアンディジャンプ!アンディ・サマーズ65歳、跳ぶねぇ~。
さらにアンディ・サマーズ二重アゴ。ギターソロのときは特に二重アゴ。
なんか良いねぇ~。

3曲目は『Walking On The Moon』ということで、
大メジャーな曲ではあるけど、曲調的に少しクールダウンだ。ふ~。
その後も、当たり前ながら、次々に繰り出されるポリスのナンバー。
実際のところスティングのソロでポリスの曲は何度も聴いたことはあるけど、
ピアノやコンピュータの打ち込みが入るスティングのソロと、
まさに3人だけで演奏するポリスでは明らかに印象が違う。

特に新鮮に感じたのは『Every Little Thing She Does Is Magic』で、
これは全然アレンジが違う。
そもそもポリスのアルバムでもピアノのイントロから始まるこの曲が、
ライブ用にアンディのギターから始まるアレンジに変わっている。
実はちょっと物足りなかったりするのだが、3人でやるという心意気はかなり好きだ。
この曲を初めとして、
イントロ(主にアンディのギター)を一聴しただけでは何の曲か分からずに、
歌が始まってから「おお!あの曲か!」と分かることが今回は多かった。

さてさて、
DVDなどで昔のポリスのライブ映像を見たときに印象的だったのが、
スチュアートがドラム以外の色んな打楽器を演奏するシリーズ。
それが今回のライブでも健在だったのが嬉しかった。
銅鑼を鳴らしたり、鉄琴(かな?)でソロパートを弾いたり、
他にも各種パーカッション類が目白押しで飽きさせない。
その楽器類の多くは、通常のドラムセットからやや後方に配置されていて、
鉄琴で曲が始まって、サビでドラムに戻ってきたり、
また後方に行ったり、また来たりと忙しく、
その都度、おどけた感じでスティックを放り投げるのも面白かった。
手袋をして演奏する様は職人のようだった。

全体的にはアルバム『Synchronicity』の曲が多かったのかな?
(※実際はそんなに偏りはなかったみたい。印象がそうだった)
中でも初めてライブで聴いた曲がたくさんあって良かった。
『Wrapped Around Your Finger』とか、『Walking In Your Footsteps』とか、
3人だけのアレンジの演奏は本当に新鮮だ。

というわけで、本編は90分弱だったか。『Roxanne』で終了した。
続いてアンコールは、
『King Of Pain』『So Lonely』『Every Breath You Take』と畳み掛ける。
最後に『Every Breath You Take』を持ってくるあたり、
かなりコンサートらしいコンサートの終わり方だな~と思った。
どこかのサイトで、
「スティングのソロのときのように、いきなり♪Every Breath You Take~と
 歌い始めるのではなく、ちゃんとアンディのギターのイントロから始まったのが良かった」
みたいなことが書いてあったが、まったく同感。
カッコ良かった。

『Every Breath You Take』が終わり、スティングがステージを降りる。
スチュアートもステージを後にする。
最後に中央で手を振るアンディ。でもなかなかアンディは帰らない。
するとアンディ、客席に向かい「もう1曲やるか!?」的アクションをするではないですか。
場内は盛り上がる。
スティングとスチュアートがステージ上に戻ってくる。
そして、最後に演奏したのは、『Next To You』!
一番最後の曲がデビューアルバムの1曲目とは、粋だな~。
やっぱ初期の曲は勢いがあって好きだ。
この曲が個人的にこの日一番の盛り上がった。

今回はスタンド席で、しかもかなり後方だったけど、
充~~分に楽しむことが出来た。
この席だったからこそ、じっくり見られて良かったのかもしれない。
このポリス3人で来日することはもうないだろうなぁ。
今日はポリスが見られて本当に良かった。

帰りがけ、今日は当日券も全て売り切れだったことを知った。
さすが!


多分合ってると思うセットリストは以下。
続きを読む
スポンサーサイト
案の定、ギターのエフェクター購入欲がむくむくとわきあがって来た。

音の良さを考えるとPocket POD
コストパフォーマンスを考えると、ZOOMのG1って感じかな。

実はかなり毛色の違うこの2種類。
PODは個人的に憧れの機材でもあるし、
あのサウンドで17,000円前後なら安いほうだと思うんだけど、
G1は5,000円ぐらいで買えちゃうからなぁ。
G1とて機能的には侮れないし、これで手軽に楽しむのが良いような気がする。
でもPODカッコ良いんだよな~。

考え中。
ついに初音ミクの製品版を購入した。
結局、体験版の14日期限が切れる前に買ってしまったな。
ま、いずれ買うならいつ買っても一緒だし。

でも声が入るとなると、ギターもちゃんと入れたくなるだろうなぁ。
そうすると、ギターのアンプシミュレーター、
それからエフェクターと、いろんな物がどんどん欲しくなってきそうだ。
YMCKのミニライブで渋谷に来たついでにTSUTAYAにも寄ってみた。
しばらく来ないうちに、検索機が新しくなって探しやすくなったし、
3~5階のレンタルフロアはどの階でもまとめて貸し出し可能になった。
そしてやっぱり品揃えが他の店舗と桁違いに多い。
ずっと聴きたかった『健'z with Friends』をはじめ、
一気にDVDやCDを借りられた。
健'zをレンタルしてるのなんてここだけなんじゃないだろうか。

渋谷と並んで在庫数が多いといわれる恵比寿店も気になるなぁ。
松屋にて。
牛丼にとろろをかけて食べたいなと思い、
券売機を探したが、とろろボタンは見つからない。
「そうかぁ、この店では置いてないのか」と思い、生卵を購入。
しかし席に着くと、テーブル上の『追加ご注文はコチラ』のメニューを見ると、
とろろ(100円)あるじゃないですか!
むむむ。
券売機にはないが、現金で追加購入は出来るってことか。
次回は気をつけよう。
なんとなく勢いで2曲目も作ってみた。
とりあえず1コーラスだけ。
ギターとかピアノとか入れてないので、全然音が足りないんだけど。
昨日出来なかったMIDIをまとめてオーディオで保存する方法、
今日、仕事中に「ピン」と来て、帰宅後に試したらうまくいった!

まずSONAR LEからスタンダードMIDIファイルで伴奏のみ書き出し、
それをiTunesでWAVEオーディオに変換(←これがミソ)。
変換したWAVEオーディオファイルを再びSONAR LEに取り込み、
初音ミクのボーカルとミックス。
これをWAVEオーディオでまた書き出し、
今度はSound It!で曲頭と曲後ろの空白をカット。
最後にiTunesでMP3に変換して完成となりました。
って、ちょっと遠回りしすぎか???

何はともあれ出来た曲データはこれ
初音ミクの体験版を体験してみた。

だいぶ以前に作った曲を取り込み、
ざっと歌詞を入れてみると、
おおー!歌ってる!
そして出来たトラックをSONAR LEで伴奏とMIXすると、
おおー!ちゃんと曲になってる!

こんな簡単に出来るとは思わなかった。
この曲は学生時代に作ったやつだから、
10年越しでヴォーカルが乗ったってことか。

ただ、ここからが問題。
MIDI(伴奏)とオーディオ(初音ミク)をまとめて
オーディオファイルとして保存し直すやり方がよくわからん。
うーむ。
まぁ、今日はここまでってことで。

体験版が使えるのは14日間だけなので、
早く色々試さなくては。
今日の東京マラソン中継(日本テレビ)はヒドかったなぁ。
芸能人やアナウンサーを動員して密着し、無理矢理に感動を押し付ける。
せっかくの明るい市民マラソンを24時間テレビ化しやがって。
2008年1月27日(日)横浜アリーナ

毎年恒例、正月はエルダーとワンダに分かれていたハロプロが、
一同に集合するコンサート(without 藤本美貴)。
当初、僕は日曜の夜公演だけ行くつもりで予約購入していたが、
数日前、友人Nから「昼公演2000円で行けるよ」と誘われ、昼夜連戦することになった。
昼はスタンド席に座ってゆっくりと流れを把握し、夜はアリーナで目いっぱい楽しむ。
そんな予定です。

今回のコンサートは、
一組一組を○○賞として発表し、その後4~5組ずつ歌を披露していくという流れ。
昼公演は、ステージをほぼ真横から見るアングルだったため、
初っ端に縦一列に並んで登場するハロプロエッグが、
横から見るとムカデのように連なっていたのが面白かった。
『LOVEマシーン』冒頭の「ディア~」は森咲樹だったなぁ…。
また、ついに登場、安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute)。
新曲を歌っている姿を見るのは今回が初めてだったので、
バッチリ見てやろう!と思っていたが、
ステージ左右の大モニタには、右に安倍、左に矢島と分かれて映っており、
右側にいる我々には矢島がよく見えなかった。
それから終盤、矢島と熊井がコンビで踊るシーンを発見!
僕の席からはやはり角度的に見えづらかったので、
「夜はちゃんと見るぞ!」と思いを新たにした。

夜公演は正面アリーナ席から。
場所は、そんなに期待していなかったのだが、
周回の通路が思いのほか近く、目の前を通り過ぎて行くメンバーがよく見えるし、
サブステージが結構近いので、ライブ自体もちゃんと堪能できる。

まずは、℃-uteの新曲『LALALA 幸せの歌』。
昨年の紅白では、Berryz工房と℃-uteの時間を割いてまで全員で歌い、
正月のコンサートでも3組合同で歌った因縁の曲が、
なんと℃-ute単独の楽曲としてリリースすることになった。
℃-uteバージョンを見るのはこれが初めてだ。
少々複雑な思いはするが、踊る℃-uteは文句なく楽しいし、
こんなにフィーチャーしていいの?っていうくらい、
完全に矢島がフィーチャーされており目が離せない。

Berryz工房『付き合ってるのに片思い』。
サイドから登場したメンバー達が我々のいる真ん中サブステージに集まってくる。
最後にはちゃんと正面からBerryz工房を楽しむことが出来て良かった。
手足の長い熊井のコミカルな振り付けが特に印象的。

美勇伝『じゃじゃ馬パラダイス』。
美勇伝は次のツアー終了後に解散することが発表された。
しかしまぁ、ここ最近のコンセプトのゆらゆらっぷりからすると仕方ないのかね。
デビューの頃の曲は結構良かったのになぁ。
ガッタスでもソロでもそこそこ活躍している石川。
最近はバラエティにも出始めてる岡田。
じゃ、三好は?

安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute)『16歳の恋なんて』。
今回は正面から左右の大ビジョンがちゃんと見える。
二人とも終始笑顔で楽しそうに歌っていて、
特に、一方がソロパートを歌っているときの、
歌っていない方のニコニコの表情が素晴らしい。
途中、なっちが字幕と全然違う歌詞を歌っているときがあったけど、
構わず歌い続け、ちゃんと元に戻ったのはさすがと思った。

メロン記念日『お願い魅惑のターゲット』。
しょっちゅうこの曲歌ってない?とは思いつつも、
やはり文句なく歌って踊れる楽しい曲。
メロンはこの1曲だけでも出演している意味があると思う。

松浦亜弥『I know』。
まだまだ中盤なのにもうラスト1曲!みたいに盛り上がる。
なんだかんだ言ってこの曲でのステージと客席の一体感はすごい。
会場中を巻き込んでの大曲だった。

Buono!はニューシングル『恋愛ライダー』。
たしか『一番イェイイェイ言ったで賞』とか、そんな賞だったと思うんだけど、
それならなぜイェイイェイ言った曲を歌わない?
そりゃ新曲を歌うのは当たり前かもしれないけど、
ならばイェイイェイ賞にする必要あったんだろうか。なんちゃって。
この時点では新曲にはたいした感慨はなかったが、
後に『恋愛ライダー』を聴く度に、はまっていき、
今となってはヘビーローテーション。

保田圭&矢口真里『乙女の心理学』。
なんか聴いたことあるようなないようなこの曲は、
あとで調べたら、モー娘。の2ndアルバムで
保田と市井の『千葉ーズ』が歌った曲だった。
これを市井の代わりに同じく2期メンバーの矢口が歌うなんて……。
と、ちょっと前なら感動の構成だったと思うが、
今となっては「別に…」という感じが否めない。

モー娘。Berryz工房・℃-ute『友情~心のブスにはならねぇ!~』。
矢島と熊井がコンビで踊るのはコレだった!
しかも我々の場所から結構近い位置で見られて感激だ。
これからのハロプロを背負って立つはこの2人でしょう!
と言ったら言い過ぎか。

松浦亜弥ほか『Yeah!めっちゃホリディ』。
前述の『I Know』に続き凄く盛り上がった。
やっぱこういう曲を持っているというのは武器だな。
とは言いつつ、バックで踊ってるBerryzと℃-uteばっかり見てました。

全員『恋愛レボリューション21』。
今さらこの曲かよ~と思っていたが、
曲が進んでいき、「あ、紺野だ。相変わらず丸顔だなー」と見ていると、
いつの間にかモーニング娘。OGメンバーがセンターに集まって来ている!
極めつけは、石川の「ホイ!」。久々にあの頃のモー娘。を思い起こさせた。
なかなか粋な演出だった。

というわけで今年の大集合ライブ。
今までに比べるとサプライズは少なめでインパクトが弱かった分、
Berryz工房や℃-uteの勢いというか、躍動するアクションが目を引いた。
今度の4月に同じ横浜アリーナで行われる
Berryz工房と℃-uteのジョイントライブが今から楽しみだ。


またまた拾い物のセットリストは以下。
続きを読む
矢島誕生日

Happy Birthday!
今日は℃-uteリーダー矢島舞美の誕生日でした。
去年の同じ時期と比べると、格段にレベルアップした矢島。
レベルアップし続ける矢島。
もう非の打ち所がなくなって来たなぁ。

また今日は萩原舞(℃-ute)、あと加護の誕生日でもあったりする。
なっきぃ

今日は中島早貴(℃-ute)の誕生日でした。
まぁ、そんだけです。
下谷神社1

近所の神社で豆まきをやるというので見物に行って来た。
こんな雪の中でもやるもんなんだな~。
初めはバーッと豆撒いて終わりなのかと思ってたけど、
上の人は入れ替わり立ち代りで撒き続け、
結局1時間近くやってたんじゃなんじゃないかな。
こんなに老若男女が盛り上がるものとは思わなかった。
ゴミ袋いっぱいに品物を詰めて帰るおばちゃんとか面白かった。

僕は遠巻きに様子を見物しつつ、時おり転がってくる品を獲得した。
なんか御利益あるかな。

下谷神社3
いま何となくカウントダウンTVを見ていたら、
安倍なつみ&矢島舞美『16歳の恋なんて』が、先週9位→今週38位。
すげー落ち方!
そんで、Perfumeも37位だったので、
「こっちは3位→37位にダウンか~」と思ったら、
37位なのは前シングルの『ポリリズム』で、
新曲のほうは、まだまだ10位にとどまってた。
どっちも好きなのでなんか複雑。
2008年1月24日(木)ラーメン(550円)

以前は結構近所にラーメン二郎があったのだが、
先月(僕が)引っ越してしまったので、
「二郎食べる機会が少なくなって残念だな~」と思っていた。
しかし、色々とネットで検索していたら、
二郎系と思われるこの『麺徳』が徒歩圏内にあるではないか!
大勝軒も徒歩3分だし、なんだかこの辺りも悪くないぞ。

寒風吹きすさぶ会社帰り、いよいよ初めて『麺徳』へ。
時刻は19時30分ぐらいだったかな。
先客はカウンターに3人ほどで、結構空いてる。
まず食券を買うと、待ち構えていた店員から、
「野菜の量はどうしますか?」と聞かれる。
確か麺の量はそれほど多くないということだったので、
「野菜多めで」とお願いした。それ以外は聞かれなかったが、
このタイミングで「味濃い目(カラメ)」「麺かため」「油多め」など、
好みを注文すればいいんだろうな。

しばらくして、ラーメン登場。
一見してドンブリに天高く積まれた野菜(ほぼモヤシ)に圧倒される。
まったく麺の姿は見えないので、とりあえず野菜を食べ進め、
やや減ってスープが見えてきたところでニンニクを投入する。
この店は普通の二郎のように、初めからニンニクが乗っていないので、
卓上にあるニンニクを自分で入れるのである。
ここのニンニクは結構あっさりしているので、
3~4杯入れてちょうど良いぐらいだと思う。

麺はそこそこ太いけど、二郎ほどごわごわしていなくて、
ノーマルでも結構柔らかく感じた。「麺固め」で注文しても良いかも。
麺の量は、言われている通り、確かに多くない。
スープは、表面を覆う油は多いが、背脂はほとんど見られない。
その分コクが物足りなく感じるのか、あるいは大量の野菜で薄まっているのか、
どうも味が薄く感じられる。これは「カラメ」にするべきか。
チャーシューはデフォルトで1枚。
食感は歯ごたえがあって良かったけど、これも味は薄かった。
(僕の舌がバカになってるだけ?)

全体的な印象は、
先日食べたぎょうてんらーめん以上にライトな二郎という感じ。
今回は、初め野菜の量にビビったが結局は余裕で完食できた。
次回は「カラメ」、「麺固め」、「野菜多め」で食べてみようかな。
また、普通のラーメンの他に、味噌ラーメンやつけ麺もあった。
安いし、家から近い(徒歩5分!)し、
これからちょくちょく行くことになるはず。
徐々に色々挑戦をしてみたいなと思った。
★★☆☆☆