FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2008年3月11日(火)ラーメン(700円)

ラーメン幸

近所を散歩してたら見つけた店、
実は二郎系だということを聞き早速行って来た。
大きく掲げられた黄色い看板は、言われてみれば二郎風。
店に着いたのは20時過ぎだったろうか。先客は2人いた。

ラーメンの食券を購入して、席に着き、
店員に食券を渡すときに無料トッピングの有無を聞かれる。
トッピングは、背脂、野菜増し、ニンニク、刻み玉葱の4種で、
僕は野菜とニンニクを注文した。二郎風ってことで。

ここの野菜は「増量してもそんなに多くない」とどこかに書いてあったが、
そんなこともない。そりゃ二郎に比べればそうなんだろうけど、
野菜増しすれば、ノーマルな二郎ぐらいはあるので、僕は満足。
また内容的にはモヤシがものすごくシャキシャキしてるのが特徴。
ゆで時間が短いのかな?

スープは確かに二郎っぽくはあるが、かなり薄い。
「ああ、カラメとか出来ないのかな~」と思いながら食べていたら、
卓上に醤油タレ発見。これをかけて自分で調節すれば良いのか。
ちょっとづつタレをかけながら味見していったんだけど、
好みの味にするまで結構たくさんかけてしまった。

一番ビックリしたのは麺。二郎系でこの細さは驚きだ。
桂花ラーメンぐらいと言ったらわかるだろうか。
アレよりもやや柔らかい感じの麺だった。
ついでにチャーシューは、花月みたいな味も厚さも薄いやつが2枚乗ってた。

というわけで、全体的に見て、二郎っぽくはあるけど、かなり軽量版という感じ。
これならば、花月で期間限定でやっていたラーメン小次郎のほうが二郎に近い気がする。
というかそういうの目指してないのかな。
ただ、ウチから近いし、一杯食べれば十分腹が膨れるし、
空いていて妙に居心地が良く、落ち着いて食べられるので、また来たくなった。

近くに麺徳もあるし、なぜか妙に二郎系が充実しているこの界隈だ。
(でも二郎はない)
スポンサーサイト



2008年3月9日(日)THE SPACE OF AKIBA 3021 SHOP&STUDIO

誰が言ったか知らないが、21世紀のテクノポップアイコン、
Aira Mitsukiのメジャーデビューシングル
『チャイナ・ディスコティカ』の発売記念イベントに行ってきた。
今回は、CD発売から約1週間、連日秋葉原で行われたイベントの最終日。
僕は実際にAira Mitsukiを見るのは今回が初めてだ。

aira akiba

開演10分前、会場に着くとすでに30人くらいのお客が集まっていて、
結局スタート時点で40人は超えていたと思う。
意外にお客が多くてホッとした。

定刻になり、スタッフのお姉さんの紹介でイベントがスタート。
まず、POLYSICSみたいなゴーグルをかけた人民服姿の女性2人が登場した。
「お、Aira登場?あれ、こんな感じだっけ?」と思ったら、
続いてちゃんとドレスっぽい衣装を着たAira Mitsuki本人が登場した。
女性2人はバックダンサーらしい。Airaは小柄で肩幅が広いな。

驚いたのは客席。Airaが登場しても、拍手も何もなく、
1曲目の『チャイナ・ディスコティカ』を歌い始めてからも
特に手拍子をするでもなく、客席シーーーーーン。
もちろん椅子から立ち上がる人もいない。
「何?何?何?Airaのイベントっていつもこんなに緊張感あるの?」
いやしかし、よく見ると座っていても小さくリズムに乗っている人が何人かいる。
そして地味に振り付けを真似ている人もいる。
Airaファンってやつはこんなに慎ましい人たちなのか?
ほどなくして1曲目を歌い終わると、今度はちゃんと拍手が起きて、
Airaも「いつも通り」って感じでトークを始め、普通のイベントっぽくなった。
ホッとした。
そうか、この人のイベントってこういう感じなのかぁ。

2曲目は『チャイナ…』のカップリング曲『ROMANTIC ROPE』。
続く3曲目が始まる前、ステージにシンセサイザーが設置された。
おお、ずっと後ろに置いていたあれは飾りじゃなかったのか。
そして曲が始まると、ただキーボードを弾いてるだけじゃない。
なんとヴォコーダーとして使っとるじゃないですかー。
インストアイベントでこんなことまでやるとは思わなかった。
アイドルファンよりテクノファンに向けてるってことなのか?
しかしながらAiraの頼りない感じがまた面白い。
ちなみにこの3曲目は、後から聞いたところによると、
コーネリアスの『Star Fruits Surf Rider』という曲だったらしい。

さて、最後のMCでは、さりげなく大変なこと話してます。
「先週のイベント中に肺に穴があいちゃって……」
「本当はまだ安静にしないといけないんですけどね」
「アップルストアのイベントもあるので、穴を塞いで頑張りたいです」
「あ、笑えないですよね。はは」
だって。
オイ、大丈夫かよ!
ここまで見てきて、Aira Mitsukiの雰囲気が何となく分かってきた気がする。
この本当に笑えない感じ。好感持てるなぁ。

最後、4曲目にミディアムテンポの曲をしっとり歌ってミニライブは終了した。
その後、一旦Airaは退場し、再登場して握手会が始まるような流れだったので、
僕はここで会場を出ることにした。
楽しみにしていた『カラフルトーキョーサウンズNo.9』、
残念ながら今回は歌わなかった。
うーむ、この曲が聴きたくてまたイベントに行っちゃいそうだ。
20080320231811
出来た。
20080320151900
こんな雨の日はプラモ作り
2008年3月2日(日)味玉ラーメン(880円)+半ライス(100円)

ZEPPでのハロテンパーティーが早く終わったので、
アクアシティに移動しラーメン国技館で昼食をとることにした。
ポスターに『最終期』とあったということは、
ラーメン国技館自体がもうすぐ終了ってことなのかな?

今回入ったのは茨城大勝軒グループのひとつ『常勝軒』。
群馬の店ということになってるけど、
このグループは色んな店名で色んなところに出店してるのでご当地感覚はそんなにない。
実際、常勝軒は以前は水戸で営業していて(今は閉店)、僕も行ったことがあった。
ラーメン国技館の中では、この店が一番行列が長かったが、
10分ほどで店の中へ。回転はそこそこ良いようだ。
店内には相変わらず東池袋大勝軒マスターの写真や、
同グループの他の店のTシャツ、また有名人(?)の色紙が所狭しと掲示されている。

東池袋の大勝軒をイメージして入ってくる人も多いと思うけど、
(大勝軒風ではあるが)実はかなり違う。
まず、ドンブリが結構小さく、したがって麺の量はそんなに多くない。
170gぐらいかな。わかんないけど。
麺はやや平打ちの中細で、やや透明。結構柔らかめだ。
悪く言えば、スーパーで売ってる生麺っぽいとも言える。
スープは、茨城大勝軒グループっぽいシャバシャバしていて塩辛い感じ。
これはご飯が進む。
チャーシューは、昔の柏にあった麺屋こうじ(同グループ)を彷彿させる
味が淡白で香ばしさが引き立ったものだった。

僕は普通のラーメンを食べたけど、
店内は、やはりつけ麺を食べている人が多いようだった。
つけ麺の替え玉ができる点は面白い。
★★☆☆☆
『ハロテンパーティー』

2008年3月2日(日)ZEPP TOKYO

Hello!Projectの発足10年を記念して全国で行われるファンクラブ限定イベント。
Berryz工房と稲葉貴子が出演する東京公演に行って来た。
僕が当選した(おそらく3回公演のうち)1回目は、10:30集合→11:30開演と早い。
ファンクラブ限定ということで入場時に、
チケット、チケットが送られてきた封筒、会員証、会員期限証、
そして免許証の提示が必要と、相変わらず厳重である。
今回はグッズを購入するときでさえチケットの提示が必要だった。
さて通常はオールスタンディングのZEPP TOKYOだが、
今回は簡易的な椅子がフロアに並べられ全席椅子席の指定席。
そしてなんと我々の席は7列目(実質6列目)だから期待が高まります。

イベントは、ハロプロ関係の舞台でたまに見かける野沢トオルの司会でスタート。
全体的な内容は「ハロプロ10周年ありがとう」という感じで、
今日限定の稲葉&Berryzのユニット名を投票から決めたり、
昔の会報の画像を見ながらクイズを出したり、
その間に歌を挿入しつつ、ゆる~く進行していった。
ちなみに歌ったのは、『ミニモニひなまつり』ならぬ『ハロテンひなまつり』、
『晴れ雨のちスキ』、『HELLO TO YOU』の3曲。
正直、特に何てことない内容ではあったのだけど、
その分、出演者の表情を集中的に見られたのは良かったかも。
特に印象的だったのが、夏焼雅。
今日はBuono!のときのように前髪をおろしていたためか、
顔の長さが抑え目で、その上リラックスした感じのタレ目が素敵だった。
ユニット名を決めるとき、自分の意見を言いかけたのに、
桃子が入ってきたので自然に発言を譲ったりする控えめなところも良い。
空気が読めてるな~。
熊井ファンのはずなのに、今日はかなり雅に注目してしまった。

なんだかんだで本編が終わり、最後に握手会となった。
Berryz工房のメンバーと握手するのは僕は初めてだ。
今回は第1回目の公演で、しかも前から7列目と順番が早かったせいか、
はたまたこのイベント自体がそういう方針だからなのか、
握手の進行スピードがかなりゆっくりだった。
こんなに落ち着いた感じの握手会は久しぶりだ。
僕からはいつものように「応援してます!」の一言。
メンバーは……、

清水:あまり覚えてないんだけど、丁寧だった気はする。
嗣永:斜め45度で満面の笑顔で握手。さすがプロだねー。
徳永:スマン、忘れた。
須藤:スマン、忘れた。
夏焼:
顔がちっちゃい!ちゃんと目を見て笑顔で「ありがとうございます」
と言ってくれたのが、とっても好印象だった。オーラ出てた!
熊井:
背が高い背が高いとは聞いていたが、実際はどんなもんなのか。
はたして…、確かに僕と同じくらいだった。
菅谷:
こいつぁすごい!想像をはるかに超えるソフト握手。
なんというか、指の先っちょを「ちょっ」と掴むだけ?
桃子とは違った意味で、さすが梨沙子!と思った。
稲葉:「あ・ありがとうございます~」と低姿勢だった。ガンバレ同世代

というわけで、
当初は、桃子以外はテンション低いと聞いていただけに、
各メンバーとも予想よりかなり愛想がよかったし、
もう二言ぐらい話せるんじゃないかと思うくらいの低速だったし、
かなり良い握手会だった。
握手会>>>本編って感じですかね。
握手後は、スタッフから8人のサイン入り色紙(印刷)を貰って終了。
2008年2月23日(土)ラーメン(600円)+おにぎり2個(100円)

YMCKのライブ後、東急ハンズに寄ったついでに、すぐ近くの唐そばに入った。
唐そば、すっごく久しぶりだ。何年ぶりだろう。
というか、南口のほうは何度か行ったけど、こっちの店舗に来るのは初めてか。

土曜の夜なので、ある程度混んでるかと思ったけど、
先客は1組だけで、ガラガラだった。
常に行列ができていた5、6年前と比べると、隔世の感があるな。

と言って、味が大幅に劣化したわけではないと思う。
さっぱりした飲み口のスープなのに、
後味に結構コクが感じられて、僕は結構好みの味だ。
以前は作り置きしてあって冷えた印象だったおにぎりは、
今回は作りたてなのか?あったかくて良かった。
この白いおにぎりを頬張ってから豚骨スープをすすると、
口の中で混ざり合ってかなりウマイ。
おにぎりが2個で100円はお得だと思う。

そんなわけで、空いていたからゆっくり食事できたし、
ラーメンは美味かったし、なかなか満足することができた。
2008年2月23日(土)タワーレコード渋谷店B1 STAGE ONE

YMCKのサードアルバム発売記念ミニライブに行ってきた。
生でYMCKを見るのは昨年5月のGW以来かな、
いつの間にかレコード会社をavexに移籍しメジャーデビューしていた。

定刻を過ぎ暗転すると、Nakamuraを先頭にメンバーが駆け足でステージに登場!
おっ、元気で若々しいねー。
そしてYMCKのライブ恒例、ご当地オープニング映像がスクリーンに映し出され、
ライブがスタートした。
YMCKのライブでは会場ごとにカスタマイズされたオープニング映像が楽しみのひとつ。
今日は渋谷の109がデザインされていた。

さて2曲ほど演奏したところで、あらためてリーダーYokemuraを見ると、
弾いているミニキーボード、僕も使ってるGZ-5じゃないですか。
しかも机上にはこれまた僕と同じMacBook。
うーむ、やはり道具は使う人によって違いますな。

MCの後、Yokemuraが「これ知ってますか?」と取り出したのは、
ファミコンソフト『いきなりミュージシャン』。
おお、知ってる知ってる。
なんとこのソフトの演奏機能を使ってギター(?)ソロを奏でてしまいます。
そもそもが8ビットサウンドで作られたYMCKにあっては、
ファミコンサウンドは全く違和感なし。
ファミコンのコントローラーで演奏する姿はカッコ良かったなぁ。
(本当に生で演奏してるのかよくわからないけど)

次に盛り上がったのは、
ファースト~セカンドアルバムからの曲で構成されたメドレー。
新アルバムの、より洗練された感じも良いんだけど、
やっぱ初期の曲は、シンプルかつ軽快、ポップで楽しい。

終盤、またファミコンが登場。
BGMが新曲のベースラインのもとになっているという『頭脳戦艦ガル』だ。
渋いところ突いてくる。
まずはお試しでYokemuraが『頭脳戦艦ガル』をプレイ。
でもすぐにやられてしまう。
そこで「私はすぐやられちゃうので、Nakamuraさんにやってもらいましょう」と、
Nakamuraに選手交代し、ゲームをスタートさせる。Nakamura上手い。
スイスイと画面が進んでいき、しばらくすると画面が止まり……、
あれー、いつのまにかYMCKの映像に変わってる!
そして初めに言っていたベースラインに合わせYMCKの曲に移行していく。
そうか!Nakamuraに代わった最初からYMCKの作った映像だったってことか!
これは芸が細かいなぁ~。一本取られた。

ライブは進んで最後の曲。
ここでYokemuraから「風船を膨らましてください」、
「合図したら一斉に飛ばしてください」と指示があった。
実は入場時、全員にゴム風船が配布されていたのである。
しかし、この風船が予想以上に固くて、なかなか膨らまなくて困った。
いや、実際まわりの人はちゃんと膨らましていたからなぁ。
僕の肺活量はそんなに衰えてしまったのか~。
曲が始まってからもしばらくはフーフー吹いていて、苦しかった。

というわけで、全部で35分強ほど。
客席はもちろんのこと、メンバーも楽しそうで良いライブだった。
渋谷タワレコは1ドリンク無料だし、お得だ。
故障したHDDレコーダーは、結局、メーカーの出張修理を依頼した。
DVDドライブの交換で、料金約2万円也。
ちょっと高かったかもしれないけど、
今日来てくれた東芝の人は、状況の説明が丁寧で、
こちらからの質問にも的確に回答し、
そこそこ値引きもしてくれて、サービス的にはかなり満足した。
あー、直って良かった。
購入から約2年4か月、HDDレコーダーが故障した。

先日、DVDに書込み中に、エラーが起きてフリーズし、
どうにもならないので強制終了したら、
その後、DVDを入れても入れなくても、
トレイを閉じるたびに『ディスクをチェックしてください』、
再生ボタンを押すと『このディスクは再生できません』と表示されるようになり、
DVDの読み書きがまったく出来なくなってしまった。

対処方法はないかと、ネットを検索してみると、
同じトラブルが出ている人の多いこと多いこと。
どうも東芝のHDDレコーダーではお馴染みのようだ。
結局、DVDドライブ交換が必要で、
修理代2万円ぐらいは覚悟しないといけないらしい。

これビデオデッキとかなら、
「新品買った方がイイや!」となるところだが、
地デジや次世代ディスクがいまいち復旧していない原状では、
このアナログW録の旧機種の方が使い勝手が良いんだよなぁ。

たぶん、修理する。
結局、ZOOMのマルチエフェクター『G1』を購入した。
なにより嬉しいのはそのコンパクトさ。
昔、使っていたやつなんかに比べると半分以下だな。
これでもアンプシミュレーターとしての機能はあるし、
簡単なリズムマシンとしても使える。
早速、ギターをガシッと接続して弾いてみたら、楽しい!
リズムマシンに合わせてジャカジャカ弾いてるだけでもかなり楽しい。
しばらくしたら、初音ミクにも生かそうっと。