FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2010年5月3日(月)お台場グルメPARK

お台場ラーメンPARK改めお台場グルメPARKにてGW期間中、
ハロプロのメンバーが日替わりで出演するイベント、
『ハロ☆フェス in お台場グルメPARK』に行って来た。

場所は先日、スマイレージがイベントをやった同じフジテレビ前の敷地だけど、
ステージがエスカレーター前に横向きに設置されたので格段に見やすくなった。
例のごとく整理券を持っていない我々は、
ステージ前の柵内には入れないのかと思いきや、
ひと通り整理入場が終わった後、入口が開放され、入場することが出来た。
もともと前のほうに絶対行きたいわけでもないので全然問題なしだ。

そんなこんなで始まった『ハロ☆フェス』は、
1部につき約1時間もあって、ステージの距離も近く、
なんと言っても無料という充実っぷり。
夏のハロプロコンサートが8400円することを考えると非常にオトク感が高い。

まずは、森・北原を初めとするハロプロエッグ選抜。
「モリサキこと森咲樹です」という自己紹介が面白かった森咲樹と、
1曲目の最後にさり気なく登場し、2曲目を歌ってから、
3曲目の序盤でさりげなく去っていく新メンバーの長澤が印象的だった。
なんでも長澤はこの日が初ステージだったそうで、
緊張感がビシビシ伝わってきた。お疲れさん。

お次はスマイレージ。
この手のイベントはもう慣れたものと言うか、
ライブでの歌やダンスは非常に安定していた。
MCでは、ゆりかもめに手を振ったり、
フジテレビのスタジオ見学コースにいる人達に手を振ったり
はたまたアクアシティ側の遠くにいる通行人に呼びかけたり、
すごく自由な感じが面白い。
こういうところは、街頭で笑顔キャンペーンを行なったのが、
良い方向に出ているのかもしれない。

続いて、Berryz工房が登場し、(この中では)貫禄のステージを披露し、
最後にモー娘。や℃-uteのメンバーが一部登場し、
ムック本『ハロー!チャンネル』についてのトークをやって、
終了となった。

第2部では、当初ハイタッチ会のみ参加予定だった真野ちゃんが
急遽(かどうかはわからないけど)トップバッターとしてライブに参戦。
第1部にも増してさらに充実したイベントとなった。
トークコーナーで出てきた道重は、さすがのタレントっぷり。
こういう一般的認知度の高い人が一人いると、
なんだかんだ言って、会が引き締まる気がした。


<セットリスト>
第1部
01.恋するエンジェルハート/森・北原・佐保・宮本(途中から長澤)
02.Yeah!めっちゃホリディ/森・北原・佐保・宮本・長澤
03.恋愛レボリューション21/森・北原・佐保・宮本(途中から長澤)
04.オトナになるって難しい!!!/スマイレージ
05.夢見る15歳/スマイレージ
06.スキちゃん/スマイレージ
07.ジンギスカン/Berryz工房
08.流星ボーイ/Berryz工房
09.雄叫びボーイ WAO!/Berryz工房
10.MC(亀井絵里・ジュンジュン・リンリン・夏焼雅・鈴木愛理・小川紗季)

第2部
01.はじめての経験/真野恵里菜
02.世界は サマー・パーティ/真野恵里菜
03.恋するエンジェルハート/森・北原・佐保・宮本(途中から長澤)
04.Yeah!めっちゃホリディ/森・北原・佐保・宮本・長澤
05.恋愛レボリューション21/森・北原・佐保・宮本(途中から長澤)
06.オトナになるって難しい!!!/スマイレージ
07.夢見る15歳/スマイレージ
08.スキちゃん/スマイレージ
09.MC(道重さゆみ・熊井友理奈・中島早貴・岡井千聖・萩原舞・和田彩花)
10.ジンギスカン/Berryz工房
11.流星ボーイ/Berryz工房
12.雄叫びボーイ WAO!/Berryz工房
13.MC(道重さゆみ・Berryz工房・℃-ute(矢島以外)・真野恵里菜・スマイレージ・ハロプロエッグ)
スポンサーサイト



2010年5月1日(土)中野サンプラザ

ツアー初日の第1回目公演というのは独特の緊張感が良い。
メンバーはもちろん緊張してるだろうし、
観客も次に何を歌うかわからないので、ワクワクドキドキ感が強い。
今回、幸運にもその初日に当選したので行って来た。

開演前、友人Nと「寸劇で始まったりするんじゃね?」と冗談半分で言っていたら、
まさかの予想的中。本当に寸劇でコンサートが幕を開けた。
そして、続く1曲目が『マジグッドチャンスサマー』と来るから更に驚き。
1曲目は最新シングルを歌うという一時期定番化していたセットリストは、
どうやら適用されないようだ。
ちゃんと考えて内容を構成している感じがして好感が持てる。

序盤の個人的ハイライトは、
熊井・須藤のデュオによる『グランドでも廊下でも目立つ君』。
デュオと言っても、ソロパートを2人で歌い分けているので、
それぞれの歌声を楽しむことが出来る非常に良い構成の曲。
特に1番は、ほぼ熊井ちゃんソロで歌い切るのが素晴らしい。
何度も言うけど、熊井ちゃんのセンチメンタルでドライな歌声は、
決して「上手い」わけじゃないんだけど、非常に心に響く。
正直、鳥肌たちっぱなしでした。

中盤の寸劇は、15分も続くというなかなかの冒険。
あらかじめ「座ってください」という案内も頷ける。
劇自体はいつものような感じだったけど、
劇からの流れで続くサマーソング3連発は良い選曲だった。
さらに続くメドレーでは、個人的に好きな『BERRY FIELDS』を初め、
初期のシングルカップリング曲がたくさん聴けて良かった。

本編ラストは『流星ボーイ』『雄叫びボーイWAO!』『友情 純情 oh 青春』の、
アッパーチューン3連発で締めくくる。
特に『雄叫びボーイWAO!』は、ライブで聴くとオケが超カッコ良い。
他の曲とは明らかに一線を画した迫力のある生楽器っぽさ、
その音が一拍ごとに迫ってくるように感じられるアレンジ、
正直、カラオケだけ聴いても「カッコ良いなぁ」と言える曲だと思った。

アンコールラストは『Bye Bye またね』で大団円。
これはほっこりした気分になれる良い終わり方だった。

セットリストは以下の通り。
続きを読む
2010年4月30日(金)やぶつけ(850円)

南柏から船橋の前原へ移動し、『やぶれかぶれ』へ。
以前から千葉拉麺通信のイベントに協力したりしていたので、
この店のことはずっと前から知ってはいたけど、今回が初挑戦。

店にはすぐ着いたけど、駐車場がいっぱいで、
「落ち着くまでバッティングセンターでも行こうか」なんて話してたら、
そのうちに、たまたま1台分あいたので、こりゃラッキー!
と車を停めて店内へ。

券売機は有ったが故障中で、店員に直接注文を伝える。
今回は、一番人気と思われるつけ麺『やぶつけ』を注文してみた。
本日2杯目なので、ツルッと食べたいなとも思った。

やぶれかぶれ

一言で言うと、鴨南そばみたいな感じかな。
今までラーメン屋ではまず出会ったことのない味で、
和風のつけダレに箸が進む。
希望通り、ツルッと食べられて良かった。
是非、完全空腹時にまた訪れたいと思った。
2010年4月30日(金)トマトラーメン(890円)

かなり久々に友人H君とラーメンの旅。
今回は帰省中なので、実家から出発し千葉北西部を攻めることにした。

1軒目は久々に『麺ぽーかろぅ』へ。
最近でこそ、色んな店にトマトラーメンがあるけれど、
さすがトマトラーメン界の古豪、ここのトマトラーメンは美味い。

ぽーかろぅ

ベースの塩ラーメンにバター、トマトが絶妙なバランスで、
あっさりしてるのに非常に味わい深い。
店内の他のお客がみんなトマトラーメンを注文してるのも納得だ。
2010年4月25日(日)お台場ラーメンPARK

スマイレージのメジャーデビュー決定を記念したミニライブが
フジテレビ本社前のお台場ラーメンPARKで行われる。
前述のジョイポリスでの握手会と同じ日、同じお台場で、
時間的にも余裕アリと来たら、行かないわけにはいかんでしょう!
というわけで行って来た。
当然ながら、我々と同じくジョイポリスから流れてくる人は多い。

ステージはまさにフジテレビの正面玄関前で、
その直前が整理券を持っている人が入れるエリア。
我々は整理券を持っていないので、エリア横から観覧することにした。

今回のセットリストはこんな感じ。

1.オトナになるって難しい!!!
2.夢見る15歳
3.スキちゃん


全3曲と少ないながら、
必殺の『スキちゃん』を最後に持ってくるあたり、
なかなか分かっている、良い流れだなと思った。
ただ今回、一番ビックリしたのは、
AKBのライブでお馴染みのヲタ芸、MIXをやってる集団がいたこと。
これ音楽がちゃんと聞こえないから嫌なんだよなぁ。
しかもそんな時に限って、スピーカーの出力が小さく、
客側の声が必要以上に耳に入ってきちゃうから更に困ったもの。
オープンな場所だから仕方ないんだろうけど、
そーゆーのはAKBだけにしてくれよー。と少し思った。

しかしまぁ、当のスマイレージ本人達は、
そんな様子を認識してるのか、してないのか、
いつも通りに元気に歌い踊ってくれて良かった。
MCでは、ここお台場ラーメンPARKでどのラーメン食べたいかという話から始まり、
3人が出演するアニメの話、小川が出演するおはスタの話(どっちもテレ東!)をして、
最後に、ゴールデンウィークに同所で行われるイベントの告知を行なった。
スマイレージはもちろん、モーニング娘。、Berryz工房、℃-uteが出演する
『ハロ☆フェス in お台場グルメPARK』が開催されるのをここで初めて知った。
なるほど。
今回ここでイベントをやったのは、その宣伝的意味合いもあったのかぁ。
妙に納得して会場を後にした。


余談だが、ラーメンPARK内の一店『狼スープ』、
店内のBGMで、なぜかずーーーっと怒髪天の『ド真ん中節』をリピートしていた。