FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2010年7月4日(日)東京ドームシティラクーア

ニューシングル「青春のフラッグ」発売記念イベント。
渡り廊下走り隊は、前回の「アッカンベー橋」のときに一度見ているので、
当初は、別に行かなくてもいいかなと思っていたけれど、
今回は、同じ尾木プロ所属の他のAKBメンバーが大勢ゲスト出演するとの情報。
それじゃ、何かお得だし行っちゃうか!
というわけで行って来た。

イベント開始10分前に現地に到着したら、
入場するための行列は長~く伸びていて、まだまだ途中という感じだった。
例のごとくCDも買わず、観覧エリアにこだわりもない僕は、
行列を尻目に、後方の無料エリアで開演を待つことにした。
それにしてもこの日は本当に暑かった。
何も始まっていないのに、立ってるだけで汗ダラダラになってしまった。

定刻を過ぎ、今回のMCを担当するSDNの浦野"CinDy"一美が登場。
さすがAKB初期メンバー、だからなのか、一気に会場が盛り上がった。
これから浦野は(ハロプロで言うところの)稲葉みたいな存在になるのか!?
ここで良いところ見せられれば今後の細かい仕事に繋がるだろうし、
意外に頑張りどころなのかもしれない。

さて、その浦野の呼びこみで、いよいよ渡り廊下走り隊が登場。
早速新曲の「青春のフラッグ」を歌った。
サビのときの手旗信号がとても印象的な曲だ。
それで「一緒にやってください」という意味なのか、
有料エリアの人には紙製の手旗が配られたようなんだけど、
開演前のスタッフによる「旗は肩以上に上げないでください」という注意に
みんな素直に従ったため、客席の手旗パタパタはまばらだった。
うーむ、なんだか皮肉。

ところで、菊地の加入によって5人編成になった渡り廊下走り隊。
4人時代はそんなに感じなかったけど、
奇数なので、当然ながらまゆゆ完全センターポジションになる。
菊地が入る→まゆゆが更に目立つ。なるほどこんな図式が成り立つとはなぁ。
まぁ、まゆゆを中心に両脇の多田・仲川が自由に動き、
平嶋なっちゃんが後ろからまとめるってのは良いバランスなのかも。
なっちゃん、良い声してるしな。

ここで尾木プロの面々(松原、小森、野中、岩佐)が登場。
おお、なぜか僕の行くAKBの現場に必ずいる小森。
声ガラガラの小森が下手なジェスチャーしてたの面白かったなぁ。
そもそも、同じ事務所とはいえ、何故このイベントに
この子たちが呼ばれたんだろうかと考えていたら、答えはすぐ分かった。
尾木プロ所属のAKBメンバー=チーム尾木の公式サイトの宣伝だった。
松原は自己紹介の中でも告知してたし、
とりあえず仕事は果たした!って感じかな。
そんな中、今回の手旗信号の振り付けの説明もしていたのだが、
複雑過ぎてお客はみんな全然ついていけてなかった……。

ライブは続く。
「青春のフラッグ」のカップリング曲「走り隊 GO! GO! GO!」は、
渡り廊下走り隊のテーマソング的なアップテンポで元気な曲。
続いて「完璧ぐ~のね」。
やった!個人的には渡り廊下走り隊と言ったらこの曲!って感じなので、
今回も聴けて嬉しい。
そして最後、もう一度「青春のフラッグ」を歌ってライブは終了した。
これだけやってくれれば満足だ。

最後は握手会。には参加せずに握手会見物。
今回はAKB系のイベントには珍しいメンバー10人1列並びの握手会らしい。
それに、大人数を一気に捌く作戦なのか、結構流れが早かった。
まぁ、それでもハロプロの握手会よりはゆったりなんだろうけど。

浦野はさすが年の功というか、愛想が良くファンの印象も良さそうだ。
声が出ないので頷くだけの小森は相当微笑ましかった。
野中は見てるうちにだんだん熊井ちゃん(Berryz工房)に見えてきた。
野中って物静かで地味なので今まであまり意識してなかったけど、
今回で顔と名前が一致したし、熊井ちゃん的可愛さがあるのも分かった。

とまぁ後方からそんな様子を眺めていて、
よく見えたのはやはり背の高い菊地、
それから小森、浦野、握手会の一番最後のところにいる松原かな。
渡り廊下走り隊のメンバーはみんな背が低いので、
菊地以外ほとんど見えなかった。

そんなこんなで、イベント終了。
全然気づかなかったけど、この後、土砂降りの雨が降ったらしく、
全く濡れずに、良いタイミングで帰れたのは非常に良かった。
ラッキー!
スポンサーサイト
2010年6月27日(日)IMAホール

4月に行ったイベントがやけに楽しかったこともあり、
再びスマイレージのファンクラブ限定イベントに行って来た。

基本的な構成は前回と同じかな。
曲と企画コーナーが交互に出てくる感じだった。
曲は「ぁまのじゃく」、「スキちゃん」、「夢見る15歳」、
それと今回初めて新曲「〇〇がんばらなくてもええねんで!!」を披露した。
メジャー1stの「夢見る15歳」のパラパラサウンドとは打って変わって、
ちょっと久々のロックナンバー。
ベースがビンビン鳴って、イントロやサビでのハイハット裏打ちが心地良い。
歌なしのオケだけ聴いても気に入るんじゃないかと思った。

企画コーナーのハイライトは何と言っても、前回たいそう盛り上がった「探検ポン」。
ステージ上からスタートし、クイズに答えながら客席にあるチェックポイントを経由し、
またステージ上のゴールを目指すというこのコーナー。
僕の席は前回ほど近くはなかったけど、幸運にも通路側だったので、
通路を駆け抜けるメンバーを間近で見ることが出来た。
前回はステージから動けなかった和田彩花も、今回は客席に下りてきた。
足が長くて、顔はとっても小さかった。

それにしても、ステージではホント自由にギャーギャー騒いでいて、
あとでスタッフに怒られるんじゃないか?と思ったぐらいだった。
おはスタ効果か終始テンションの高い小川紗季、
はにかみ甘えた感じが非常にアイドルららしいの前田憂佳、
独自の世界観で突っ走るリーダー和田彩花、
それらをまとめるしっかり物の福田花音は、偉いなぁと感心してしまった。
締めの挨拶での福田「家電の進化にも負けないスマイレージ」てのも面白かった。

イベント最後は握手会。
いつものように「応援してます」とだけ声をかけて滞りなく終了した。

セットリスト
1.あまのじゃく
2.スキちゃん
3.夢見る15歳
4.〇〇がんばらなくてもええねんで!!


という日記を5か月も経ってから書いているので、
当時のメモは残っているものの、実際の記憶は不確か。
ただ、掟ポルシェも見に来ていたのは非常に覚えている。
2010年6月26日(土)AKB48劇場

ついに爆心地・AKB劇場(←劇場と書いてシアターと読む)公演に初参戦!
何しろ最近は当選倍率100倍とも言われるAKBの劇場公演。
しかも予約はネットのみで、その応募は公演日の2日前0:00~20:00のみ。
当選発表は公演前日とスケジュール的にもハードルがかなり高い。
それでも「応募しなけりゃ当たらない!」と思って、
特に予定のない週末があった時などちょこちょこ応募し始めた。
そして応募すること5回……、
なんと、思いがけずチームB公演の当選メールが届いた!
関係者でないのはもちろん、ファンクラブに入ってさえいないけど当たるんだ!
一般枠で当たることあるんだ!やっぱ応募しなけりゃ当たらない!
これは非常に教訓を得た。

ただ今回の公演は少々訳ありというか…、
なんと河西・柏木・北原・増田・宮崎・渡辺の主要6人が休演。
いくら研究生が代役を努めると言っても16人中6人が休みで大丈夫なのか?
いやしかし、それが出来ちゃうところがAKBの恐ろしさなのでありましょうな。
まぁ個人的には、まず劇場に行くことが今回のテーマだし、
小森がいるしな。OK、OK。

当日。
まずは所定の時刻に集合し、窓口で身分証を提示してチケット代を支払う。
この時に入場券代わりのリストバンドを受け取る。
そしてロビーに移動し、整理番号順に整列する。
しかし、必ずしも整理番号順に入場できるわけではないのがミソ。
開場時間になると、スタッフが整理券番号を抽選して、
「〇〇番から××番の人~」と10人単位で読み上げるので、
そこに該当する番号の人がようやく入場できるという仕組みなのだ。
(劇場内は自由席)
ふ~。
5年前に劇場がオープンしてから試行錯誤の末に今に至るんだろうけど、
初心者としては着いて行くのが大変。
まぁ、ここまでして転売を防止したいという気持ちは分かった。
ちなみに、ロビーでは(劇場内も含め)一切の飲食が禁止で、
隅っこでちょっとジュース飲んでただけでも注意された。
今までどんだけマナーの悪い奴がいたんだ!?

そんな中、2巡目だったか、3巡目だったか、
びっくりするほど早くに自分の番号が呼ばれた!何この展開!?
これがビギナーズラックというやつか。
そして場内に入ると、もちろん席は(最前中央以外は)選び放題の状態。
1列目だけど端っこ、2列目だけどほぼ中央、さあどうする?
というのを2秒ぐらいの間にぐるぐるーっと考えて、結果、後者にした。
やっぱ真ん中からまんべんなく見たいしな。
初めてのAKB劇場、こりゃあ恐ろしく良い席だぞ~~。

まずは前座として研究生の島崎遥香が一人で歌う。
うーむ、こいつが総選挙でもランクされた「ぱるる」か。
へ~。
ぱるる終了後は再び暗転、いよいよ公演本編のスタートだ。
初めて劇場で聴く「overture」はテンションが上がる!
こうして始まったチームB・5th公演『シアターの女神』のセットリストは、
当然ながら劇場用の演目なので、有名なシングル曲などは全くなく、
正直言って1曲も知らなかったわけだけど、
いかにもAKBらしいポップな曲がほとんどなので非常に耳心地が良い。

また、AKB劇場独特の可動式ステージも目を引く。
ステージが升目状に分かれていて、その一つ一つが上下することで、
椅子のようになったり、階段のようになったりする。
そんなステージの仕掛けも興味深く、飽きずに見ることが出来た。

さてさて前述の通り、この日は主要メンバーがこぞって休演ということで、
「小森以外に知ってるメンバーいるんだろか」と考えていたけど、
実際見てみると、佐藤亜美菜、平嶋夏海、佐藤すみれはすぐ分かった。
奥、近野、小林香菜も知ってる。
誰かのアンダー(代役)と覚しき研究生の横山も
有吉AKB共和国によく出てるので知ってるぞ。
あと髪型が全然違ったので気付かなかったけど、
よく見たら、石田晴香もガンガン踊ってるじゃんか。
うわー、ほとんど知ってるよ、自分。
Nなっちこと佐藤夏希(←トーク上手かった)と、
まりやんぬこと鈴木まりやも今回で顔と名前が一致しちゃったし、
AKB、あな恐ろしや、恐ろしや。

とまぁ、そんなメンバーの中で、一番印象的だったのは横山由依。
おそらく、ゆきりんとか、まゆゆとか、メインを張るようなメンバーの
アンダーなのだろう(←実際は河西のアンダーだったらしい)。
まだ研究生なのにセンターに立って歌うことが多く、非常に目立つ。
こういうところ、AKBのアンダー制度の面白いところなんだろうなぁ。
それに今回の横山は、立ち位置がセンターというだけでなく、
パフォーマンスも他の正規メンバーにも全然負けてなかった。
何より前髪ペッタリの大量発汗が素晴らしいし、
はんなりとした京都弁とのギャップもまたかなり良かった。

一方、他のメンバーは……、
小森は、真面目な顔して歌ってるだけで何か面白い。
奥は、アイドルの定義を根底から覆すほどのウエストに度肝を抜かれた。
平嶋なっちゃんは、北陽の伊藤ちゃんにすごく似てた。
石田はるきゃんは、足の湿疹が気になった。

それから、休演メンバーを埋めるため、アンダーとして
(この時点で一番新しい)10期研究生も数人参加している。
この辺まで来ちゃうと相当初々しいのであるが、
ダンスやMCの安定度を見ると、先輩メンバーとは格段の差がある。
やはり違うもんなんだな~と感心した。

それにしても、客席とステージとの近さはこの劇場ならではの魅力だ。
近いからこそ、あらためて分かることもあるというか、
一番思ったのが小森美果と佐藤すみれ。
この2人はとっても丸顔なのでポッチャリしてるように見られがちだけど、
腰の位置が高くて、足が長くてスタイルがかなり良い。
いやぁ、2人に限らずガン見しちゃったなー。
ヘソの奥まで見える距離ってのもなかなかないよ。

そんなこんなで公演は滞りなく終了し、最後は、
メンバーがロビーに整列して、ハイタッチでお見送りだ。
明るく元気なはるきゃん(石田)を先頭に、
研究生ながら大活躍の横山が一番最後という並びも良かった。
うーむ、ニヤける。

というわけで、今回のAKB劇場初挑戦は終了。
またひとつ新しい世界のドアをノックしてしまった。

今日見た公演内容も、休演メンバーが戻ってくるとまた違う印象なんだろうな。
再び見に来たいけど、次に当選するのはいつになるんだろう……、
などと考えながら会場を後にした。


<<セットリスト>>

X. ロマンスかくれんぼ(前座)
0. overture
1. 勇気のハンマー
2. 隕石の確率
3. 愛のストリッパー
4. シアターの女神
5. 初恋よ こんにちは
6. 嵐の夜には
7. キャンディー
8. ロッカールームボーイ
9. 夜風の仕業
10. 100メートルコンビニ
11. 好き 好き 好き
12. サヨナラのカナシバリ
13. 潮風の招待状

アンコール
14. オネストマン
15. チームB推し
16. 僕たちの紙飛行機