FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2010年10月3日(日)SHIBUYA AX

AKB関連のチケットがどんどん取りにくくなっている中、
直前になって、思いがけずチケットを入手できたので、
初めてSKEの単独コンサートを見に行ってきた。

AKB劇場等と同じように手荷物の持ち込みは一切禁止。
僕はそんなことも知らずに予めロッカーに入れていたので良かったけど、
後で見たら、コインロッカーが全部埋まっていた。
AXのロッカーが全部埋まるのなんて初めて見たわ。

入場すると、やはり密度は高いが、前後ともちょうど真ん中らへんの、
良い場所をキープすることが出来た。暗転後の圧縮もなく良い感じで見られた。
すぐ後ろにいたのが、非常に声援がでかい人だったのだが、
「ゆりあー!」以外は、静かに見ている人だったので、助かった。
分かりやすく正しいヲタのカタチですかな。

さてさて、開演。
しょっぱなから大勢出てきた。
序盤は劇場公演曲が中心だったのかな。
この時点では知らない曲が多く、ちょっと乗りきれずに進む。
お目当ての松井玲奈もなかなか出番が少なかった…。

中盤に差し掛かり、シングルやそのカップリング曲が続くと、
やっぱりライトなファンでも、自然にテンションが上がってくる。
シングル曲ごとに衣装をちゃんと変えていて偉いなーと思いつつ。

それから、劇場公演のソロ&ユニット曲のブロックへ。
リクエストアワーのように色んなメンバーが次々に出てくるので、
カタログをどんどんめくっていくような感じだ。
この辺は公演曲ではあるけど、結構知ってる曲も多くて楽しめた。

そんなこんなでライブは進んで…、終盤のMCコーナー。
唐突に「AKBは好きですかー?」ときて、ここからメドレーでAKB曲7連発だ。
まぁ、一応は珠理奈もからんでるからセルフカバー的な?
SKEの単独公演でAKBの曲をそのままやるってどうなの?
これは東京仕様なのか?SKEのファン的には!?
などと考えてはいたけれど、知ってる曲が多いと乗ってくるのも事実。
結局は楽しんだ。
特に「涙サプライズ」は、この日がAKB高城亜樹の誕生日だったので、
この場には当然いないけれども「おめでとう!」と勝手に思った。

そして、お待ちかねのアッパーなファンキーチューン「ピノキオ軍」。
メンバーみんな登場して一気に盛り上がった。

最後に締めの挨拶。
松井玲奈「2年前に結成して、今、この舞台に立てました」
的なことを言いながら、途中で感極まってしまう玲奈。
こちらも(´;ω;`)ブワッ
きっと自分で言いながら、色々思い出して高まっちゃったんだろうな。
れなーーー!
それにしても玲奈のおじぎの角度が浅いのは腰を痛めてるからなのか。
心配だ!

本編が終わり場内は暗転するが、しばらくアンコールが起こらない。
想像できない展開に、不思議に思っていたら、
後方から、ファンの一人が
「これからのツアーの成功を祈念して、SKEコールしていいですかー!」
お客「いーです、いーです、いーですよ!」
なんじゃこりゃーーー。こんなコール知らなかったー。
うーむ、なかなか新鮮な経験をさせてもらった。

アンコールは、まず11月発売の新曲「1!2!3!4! ヨロシク!」初披露。
どうやら、この場が情報解禁だったらしい。
前作の7人選抜から一気に増えた16人のメンバーはかなり激しいダンスだった。
桑原とか中西が入ったのはダンスの強化かな?とか(その時は)思った。

続いてカップリング曲も初披露。
初のW松井ユニットだ。
近未来風な不思議な衣装で登場して、テクノ歌謡っぽい曲を歌った。
この曲でキネクトのCMもやるって。さすがW松井は売れている…。

と、そんなわけで、初めて見たSKEの単独コンサートは、
へ~~~、全部で36曲もやったのかー。
「珠理奈の芯の一本通った激しいダンス」
「本当に可憐な玲奈」
「終始堂々としたパフォーマンスの木下有希子」
「どう見てもかわいい木崎ゆりあ」
「遠くから見てもなぜか分かりやすい松本梨奈の顔」
が印象的だった。

ライブのタイトル「汗の量は半端じゃない」は、確かにメンバーはそうだったけれど、
僕は良い位置で結構涼しく見れたのが良かった。


<<セットリスト>>

1.PARTYが始まるよ
2.Dear my teacher
3.手をつなぎながら
4.仲間の歌
5.スカート、ひらり
6.ガラスのI LOVE YOU
7.涙の湘南
8.エンドロール
9.背中から抱きしめて
10.強き者よ
11.少女は真夏に何をする?
12.ごめんね、SUMMER
13.羽豆岬
14.青空片想い
15.バンジー宣言
-寸劇-
16.枯れ葉のステーション
17.万華鏡
18.雨のピアニスト
19.思い出以上
20.GLORY DAYS
21.女の子の第六感
22.狼とプライド
23.ウィンブルドンへ連れて行って
24.10年桜
25.大声ダイヤモンド
26.RIVER
27.言い訳Maybe
28.涙サプライズ
29.ポニーテールとシュシュ
30.ヘビーローテーション
31.ジェラシーのアリバイ
32.ピノキオ軍
33.桜の花びらたち
アンコール
34.1!2!3!4! ヨロシク!
35.TWO ROSES
36.チャイムはLOVE SONG
スポンサーサイト



2010年9月25日(土)ラーメン中盛(650円)+チャーマヨ丼(180円)

サンシャイン劇場でゲキハロを見た後、せっかく池袋に来たので、
(以前から名前は知ってたけど食べたことのなかった)ここ、屯ちんに来てみた。

多少行列はあったけど、回転が良いのでそんなにストレスなく着席できた。
お客のさばきもラーメン作りのさばきも慣れたもの、という感じ。

屯ちん

とんこつ醤油スープに中細のちぢれ麺、そして背脂がかかっている。
今、新しい店でこういうラーメンを出す店は意外に少ないと思うので貴重なのかも。
確実にニーズがあるってことなんだよなぁ。
インパクトが凄くあるわけじゃないけど、
何度も食べたくなるのが非常に分かるラーメンだった。
ちなみに、並盛り、中盛り、大盛りは同じ値段。
2010年9月25日(土)池袋サンシャイン劇場

Berryz工房が主演をつとめる劇団ゲキハロ第9回公演『三億円少女』。
特にチケットは予約していなかったのだけれど、ポスターのインパクトがあったし、
タイトルからして何か面白そうだなーと思い、見に行くことにした。
まずは、ヤフオクを覗いてみたら、出品が極端に少ない。
あれ~???と思ってあらためて調べてみたら、納得。
一般発売で売り切れてなくて、まだプレイガイドで普通に買えるのだ。
そうそう、そうだよ。
観たい時にチケットを買って見る。これがあるべき姿でしょ。

今回は、Berryz工房のメンバーがそれぞれ日替わりで主役を演じ、
他のメンバーの役もそれに応じて変わる、という少々ややこしい構成で、
期間中1人で3役も4役もやることになる。そんな舞台だ。
当然ながら僕は、熊井ちゃんが主役の回のチケットを購入し、いざ劇場へ。

物語はあの三億円事件をモチーフに、過去と現在が交錯するラブサスペンスって感じ。
オープニングのサスペンスドラマ風な紹介映像で、
『熊井友理奈』って文字が出たのはカッコ良かったなー。
熊井ちゃんの役は、田舎から上京してきて旅館で働く女の子で、この役がものすごく合っている。
純朴な主人公のセンチメンタル感が素晴らしくよく出てる。
それに広島弁もかわいい!いや、かわい過ぎるだろ。
当然、主役なだけあって、出番が多い。
劇中歌も熊井ちゃんの(やや不安定な)ボーカルの良さが出ていて感動したし、
まじでこの回に来て良かった~~~~と思った。

それから、犯人一味のヤンキー女役を演じたのが夏焼雅。
はじめ30分ぐらい出番がなくて、「あれ?そういえば雅がいないなぁ」
と思い始めたら、ビッチな女が出てきた。
これはベストな配役!めっちゃ合ってる!やっぱ雅はこれだよ!
終盤の、主役を上回るほどの迫真の演技も良かった。
これ、別の日には熊井ちゃんと雅の役が逆というから、どうなってるのか興味がわく。

あと、「カリンちゃんはー」っていうセリフが印象的なハロプロエッグ宮本佳林も
いかにもアイドルっぽくてキュートでイイ味出してた。

さてさて終盤、ストーリーは、様々な謎が徐々に解き明かされて、意外なラストへ。
伏線が回収されるとはこういうことか!って感じで、
途中で「え?どうなんるんだろ、どうなるんだろ」って思ってたことが
最終的に全部分かって、終わったあとの気持ちも非常に良かった。
正直、ゲキハロだからって甘く見てたけど、今回はビックリするくらい脚本に力が入ってたなぁ。
面白かった。

終演後は、ゲキハロではお馴染み、中神一保さんをMCにアフタートークショー。
ゲストはもちろん熊井ちゃん登場だ。
こちらは、シリアスな本編中とうって変わって、
いつもの熊井ちゃんのグダグダトークが最高だった。
このギャップがたまらんすね。

いやー、ホント行って良かった。