FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2010年10月31日(日)浜町プラザマーム

我らがAKB48高城亜樹のファーストDVD発売記念握手会に行って来た。
今までAKBの握手会には、個別握手会の小森に一度参加しただけだし、
こないだのフレンチキスのバッティング会ではハイタッチだったから、
あきちゃとちゃんと握手するのは初の機会だ。
何と言ってもAKB一推し、あきちゃですよ!

その参加券付きのDVDは、ネットでは即売り切れだったので、ほぼ諦めていたところ、
翌日、コンビニのレジで直接申し込んだら普通に購入できた。やった!

当日、午前11時。
会場に着き、指定の行列に並ぶ。
日本橋浜町にあるプラザマームという会場は、ライブハウスのような専用施設ではなく、
普通に会議室とかに使われそうな、いわゆる貸しスペースという感じの場所だった。
正直、この場所で握手会と言っても、全然想像がついていなかったのだが、
どうやら文字通り「握手だけをする」イベントで、
お客を一同に集めて開始前にトークショーがあって、というような雰囲気ではないようだ。
まぁ、福家書店とかでよくやっている写真集発売の握手会みたいなものかな。

さてさて、長い行列は、1階から、握手会場と思しき3階まで登っていく。
すると、それまではそうでもなかったのが、異常にドキドキしてきた。
近年まれに見るこの感覚。ついたての向こうにあきちゃがいるんだぞぉぉぉ。
さらに、一人また一人と順番は進み、いよいよ僕は最終コーナーに差し掛かると…。
見えた!あきちゃがいるよーー!目まんまるだよーーー!

もう僕のドキドキ感はMAXに近く、やばいな〜と思っていたんだけど、
僕の直前の少年がさらに緊張しており、あまり喋れてなかったので、それを見て少し落ち着けた。
ありがとう少年。そしていよいよ僕の順番に!

僕 「どもー」
高城「どうも!」
僕 「DVD最高でした」
高城「ありがとうございます」
僕 「ブタの丸焼きのトコとか…」
(※DVDで、あきちゃが鉄棒にぶら下がり「豚の丸焼き~」と言うシーンがある)
高城「あー、ブタの丸焼き!」
あきちゃ何か言いかけるが、僕がスタッフに若干急かされる
僕 「これからも応援してます」
あきちゃなぜかサムアップ。
高城「ありがとうございます、バイバーイ」

ハイ終了〜!
うはー、この独特のローテンション。
一見、ぼんやりしてるように見えるのに、相手の話を聞いて、ちゃんと答えてくれるのは、
あきちゃならではだと思う。
結局、握手時間は、トータル10秒ぐらいだったかなー。
途中で何か言いたそうにしてたのに、流れちゃったのが勿体なかった気がした。
握手会自体に慣れていれば、もうちょっと粘って喋れもしたんだろうけど、まぁ、OK、OK。
短かったけど、あきちゃらしいのんびりした握手会、行って良かった。
スポンサーサイト



2010年10月16日(土)からあげセット(880円)

中野腐女シスターズの中野サンプラザのライブの後に行こうと考えていたが、
開始時刻が押した上、3時間たっぷりの内容だったから、絶対もう終わってると思ってた。
あまり期待せずに店に着くと……、やってた!!
到着したのが21時50分。閉店時間が22時ちょうど。
間に合った~。

きら星満天

太く縮れた歯応えのあるシコシコの麺に、まろやかな豚骨スープが絡んで美味い。
そして、サイドの唐揚げがサクサク&ジューシーで美味いんだなー。
ご飯にもラーメンにもとってもよく合う。夢中で食べてしまう。

880円でこのボリュームは嬉しい限り。
天下一品の唐揚げ定食だって990円するもんなー。

結局、僕らの後に更に1人お客が入ってきて、それで本日終了となった。
2010年10月16日(土)中野サンプラザ

中野腐女シスターズ初の中野サンプラザ公演、
幸運にも関係者招待のご相伴に預かり、慎んで参戦させていただいた。
開演15分前に現地に着くと、まだまだ会場前には人だかりが出来ている。
そんな混雑を横目に関係者受付は余裕なんだぜ~、と思いきや、
まさかの関係者入場口大行列。こんなにたくさんの招待客を見たことがない。
しばらく待っての受付は「〇〇のXXです」「はい、おつかれさまでーす」。
ゆるい!!(笑)
そして、指定の2階席に行くと、そこは全員関係者席!なるほど…。
そんなこんなの30分押しでライブは開演した。

まずは本体、中野腐女シスターズが登場し、いつもの自己紹介の曲でスタート。
やっぱり今までのO-EASTと比べ、やっぱステージでっかいな~という印象だ。
ただここでもお馴染みの臨時ユニットでのアニソンコーナーとか、
いつもと変わらない感じが魅力なんだろうなぁと思った。
そして原田まりるの腹筋は相変わらず逞しかった。

はなわをはさんで、腐男塾の登場。
「勝つんだ」「俺の空」「男坂」とシングル曲連発で盛り上がる。
うーむ、前半にはなかった一体感!さすがこちらは完成度が高い。
そしていつもながら原田まりるの肩がイカッた感じが良い。

ここまで見てきて思うに、瀬口は歌が上手い。
歌のパートも多く、新しめの曲ではセンターに立つこともしばしば。
さすが、アニソングランプリファイナリスト、
新加入で一歩下がった感じと思っていたけど、侮れないな。

中盤にさしかかり、アニキ水木一郎登場。
それも恒例の「マジンガーZ」だけかと思いきや、
メンバーの衣装チェンジの時間をアニキがメドレーで時間を埋めてくれる感じだ。
なんという贅沢な使い方。そりゃあ盛り上がっちゃうよなぁ。

アニキのコーナーが終わると、この時点ですでに2時間経過してるが、
前田健が登場し、寸劇が始まる。
せっかくのサンプラザ、やりたいことは全部やる戦法だな。
ここからさらにひと盛り上がり、そしてアンコールまでたっぷり行なって
最後の挨拶ではリーダーの涙もありつつ、コンサートは幕を閉じた。
結局、3時間を超えるボリュームのライブだった。
正直、中野サンプラザでライブを行うのはまだ早かったかなという感じはしたけど、
こういうのはやれるときにやっておかないといけないんだろうな。うん。

サプライズで元メンバーのスザンヌが登場するかと思ったけど、
VTR出演にとどまった。


【セットリスト】
1.フーフー724/中野腐女シスターズ
2.Honey Bee~/中野腐女シスターズ
3.たたかえ!爆露マン/中野腐女シスターズ、爆露マン、ニートくん

724に歌ってほしいアニソンBEST3
4.第3位 ふわふわ時間/こなん、きょも、うらぁ、まりるん
5.第2位 空色デイズ/よきゅーん、きゃんち、せぐうぇい
6.第1位 ハッピー☆マテリアル/中野腐女シスターズ

7.サイリウムライト/中野腐女シスターズ
8.Go!Fight!腐女子シスターズ/中野腐女シスターズ

9.B型ロックンロール/はなわ

10.七常の腐器/腐男塾
11.勝つんだ!/腐男塾
12.俺の空/腐男塾
13.男坂/腐男塾
14.キミのものがたり/腐男塾
15.ヲタキスト/腐男塾
16.アニソンメドレー
ヤッターマンの歌~燃えてヒーロー~マジンガーZ/腐男塾、水木一郎
17.アニソンメドレー
夢を勝ちとろう~グランプリの鷹~サバンナを越えて~コンバトラーVのテーマ/水木一郎

18.腐男塾探検隊/腐男塾
19.草食ライオン/腐男塾
20.同じ時代に生まれた若者たち/腐男塾 
21.17's☆STAR/腐男塾

アンコール
22.無敵!夏休み/腐男塾
23.絆/腐男塾