FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2006年8月13日(日)千葉マリンスタジアム/幕張メッセ

今年の夏フェスはサマソニに参戦。DEVOが出た2003年以来だから3年ぶりか。
現地に到着してまずは、マリンスタジアムに移動。
午前中特に見たいバンドはなかったので、スタンド席の端っこでゆっくり過ごした。
オープニングは、10YEARSという知らないアメリカのバンド、
続いて登場はELLEGARDENだ。いやぁすっかり人気者だなぁエルレ。
スタンドからアリーナを見下ろすと、みるみるアリーナが埋まっていくのがわかる。
ここんとこCDチャートでもばんばん上位にランクインしていて、
ライブも最近のそんな状況を反映してか、すごい盛り上がっていた。
最近はダイブ禁止が主流だけど、エルレはOKなんだよねー。
ellegarden

ひと段落着いたところで、ビーチステージへ移動。
お目当てのBEAT CRUSADERSだ。
ビーチステージは、球場横の『幕張の浜』の砂浜に特設されたステージで、
6つもあるサマソニのステージの中で最も『夏!』を感じられるステージだと思う。
海、砂浜、そして音楽、汗。素晴らしいっすね。
さて、前にやっていたPE'Zが終わったあと、なんとなく前方へ進んでいったら
ほどんど最前のブロックへ来てしまった。こんなに近いの?
それからどんどん客席は人で埋まっていき、ビークルが始まるころには入場規制がかかっていた模様。
定刻を少し過ぎ、さあ、ビークル登場であります。
いつものように『~SASQUATCH~』で登場。曲名忘れたけど、1曲目からすごい熱気だ。
そしてステージ左脇から放水!さらに盛り上がる。
しかしこれが参った。
僕がいた位置がちょうど放水マッシーン(単なるホースだけど)のすぐ近くだったので、
濡れる濡れる。濡れるなんてもんじゃなくどしゃ降りで、目も開けてられない感じ。
水の先のほうはちょうど良い霧雨なんだろうけど、
ずっとこんな様子なので、「これじゃちゃんと見られない」と判断し、
やや後方の端のほうへ移動してこのあとの時間を過ごした。ここも結構濡れたけど。
大好きな『JAPANESE GIRL』はもちろん、今までライブで聴いたことのなかった『IMAGINE?』や、
『I can see clearly now』を演奏してくれたのは非常に嬉しかったのだがなぁ。
続いて、YOUR SONG IS GOOD登場。この夏はビークルとユアソンは完全にセットっすね。
ビークルが終わった後の転換時にお客が一気に半分ぐらいに減り、
オルガンの斉藤JJが「入場規制の理由がわかりました!」ってのがうけた。
先日渋谷タワレコで見たときは、メンバーが全員揃ってなかったのでちゃんとしたライブを見るのは初めてだ。
「あ、こないだ仕事終わりでギリギリ駆けつけたベースの人がちゃんとベース弾いてる」と嬉しかったり、
「へー、ギターは二人いたのかー」と今更わかったり、トロンボーンの服部くんは面白いなぁと思ったり。
ライブは、さすがラテンオルガンバンド。
ユアソンの曲は、盛り上がらないわけはない曲ばかりなのでユルーく楽しい一時を過ごした。

ビーチステージ最後(ライブは続くが我々的に最後)は、BEACH CRUSADERS IS GOOD。
ビークルとユアソンの合体バンドだ。
このバンドの存在を知らずに、ビークルだけ見て帰った人いたんじゃないかなー。その人たちは損したね。
ビークルのキャッチーなメロディとユアソンの愉快なリズムが合体すると、絶妙の楽しさですよ。
この日一番楽しかったかも。
基本的には少し前に出した2組のスプリットミニアルバムが中心のセットリストだけど、
やっぱライブで見て、聴くと違う。この時間は放水もそこそこで見やすくてよかった。

お次は、お隣のアイランドステージに移動。これまた期待のMANDO DIAOだ。
ここは普段は浜or球場の駐車場なのかな?公園なのかな?
アスファルト上に特設されたステージなので、足が疲れそう。
MANDOのライブを見るのは、結構久々。2004年の12月以来だから1年半ぶりか。
「最近アルバム出してないけど、なに演奏するんだろう?」
と思っていたら、知らぬ間に3rdアルバムを出していたみたい。
ライブは序盤から知らない曲が結構あってやや乗り遅れた。と思ったけど、
他にも同じような感じの人は結構いたんじゃないかな?
新アルバムからの曲と思われる曲は、
今まで多く見たれた「これはグスタフのボーカル曲、こっちはビヨルンの曲」というのではなく、
1曲の中でグスタフとビヨルンが歌い分ける場面が増えたように思える。
1本のマイクで二人が歌うことも結構多かった。
グスタフとビヨルンがギターを交換して演奏することもあったし、バンドの結束が強まった?
あとはCJ(ベース)とビヨルンの立ち位置が逆になってたのも目新しかった。
ところで、このアイランドステージは、ビーチステージと距離が近いので、結構向こうの音が聞こえる。
MCのときならまだしも、曲の途中の静かな部分とかで聞こえてきちゃうとちょっと興ざめだなぁ。
ステージ数減らしてもいいんじゃない?
ともあれ終盤、「The Band」「Sheep Dog」でガーっと盛り上がるところはさすが。(昔の曲で盛り上がるのは寂しいとも言えるが)
夕暮れのMANDOライブは終了した。

次は、友人Nとわかれ、シャトルバスで幕張メッセに移動。
タイラーメンを食ってから、ソニックステージへ入った。BUCK-TICKの登場だ。
そんなにバクチクファンというわけでもないけど、好きな曲は何曲かあって、
中学校のときとか結構聴いていたので、懐かしさもあって行ってみた。
この時間(17時過ぎ)になると疲労からか客席後方で横になっている人が多いのが笑える。
横になってライブを見られるってのも贅沢な話ですわ。
僕も、初め立って見ていたが、やっぱり疲れたので座った。
結局知らない曲ばかりだったけど、「バクチクってこういうライブなんだー」と分ったのは良かったかな。
『悪の華』とか聴きたかったけどなー。

最後は、再び千葉マリンスタジアムに移動。友人Nと合流して、
大トリ、リンキンパークのライブだ。
Nくんが2階スタンドの最前列を取ってくれていたのでとても見やすく、でもゆったりと見られた。
僕はリンキンパークというバンドはまったく知らないし、聴いたこともなかったんだけど、
球場内はすごい人の数で、アリーナ席がギッシリなのはもちろんスタンド席もかなり埋まっていた。
すげー、こんな人の前で演奏したら気持ちいいだろうな。
リンキン好きなNくんによると、既発の曲はほとんどやったとのこと。
正直僕はどの曲も同じように聞こえてしまったのだが、客席はすごい盛り上がりだった。
簡単に言うとラップ、ロック、パンク等のミクスチャーバンドってことなのかな。
作曲するの難しそうだ。

というわけで、打ち上げ花火とともにサマーソニック06は終了。
今年のサマソニは、ちょっと余力を残してしまったかな。
もう1バンドぐらいすごく好きなバンドが出ていれば良かったかも。
帰路は、いつもの海浜幕張ではなく、幕張本郷から帰ったら
ものすごく乗換えがうまくいってスムーズに帰れた。あー、良かった。

あー、文が長くなった。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/149-c555660f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック