FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2006年9月22日(金)特製もりそば(700円)
場所:御茶ノ水
種類:醤油(東池袋大勝軒系)
麺種:ほぼストレート太麺
★★★☆☆

靖国通り沿いを歩いていたら、Vodafoneショップの上に大勝軒発見!
御茶ノ水に大勝軒が出来るなんてビックリだ。
(昔は三省堂書店近くに『大勝軒』ってあったけど、因果関係は不明)
そしてよく見たら、なぜか『お茶の水、大勝軒』←『、』が付いている!藤岡弘、か?
この店舗の場所は非常に入れ替わりの多い場所で、僕が知っているだけでも、
パスタ屋その1→パスタ屋その2→インド料理屋 と来て、この大勝軒だ。

14時過ぎ、店に入ると、
「いまスープを再作成中でちょっとお待ちいただきますが、よろしいでしょうか?」と店員。
待つと言っても10数分らしいので、腰掛けて待つことにした。
10分ぐらい待つ店なんて当たり前なのに、わざわざお客にたずねるなんて随分丁寧だなぁ。
結局入り口のところで2、3分。席についてさらに2、3分で注文したもりそば登場。
全然待ってないじゃん。むしろ他の店より早いじゃん。
後から来るお客にも毎回同じことを言っていた。

さて、太くて丸くてこしのある麺、甘くて酸味のあるつけ汁は、いかにも東池袋大勝軒系な感じ。
麺の量は220gぐらいかなぁ。
普通のラーメンよりは明らかに多いけど、ものすごく多いわけでもない。
成人男性にはちょうど良いと思う。
ただ麺が結構水に浸っているせいか、つけ汁の味が少し薄まってる感じがする。
スープだけ飲むと濃いので、やはりそうなんじゃないかなぁ。
麺を食べきると、丼の半分くらい水が残る程なんだけど、意図的にそうしてるんだろうか。
あともうちょっとコクがあったほうが僕は好みだなぁ。
嫌いな味ではないけど。

具はチャーシュー2枚、ゆで卵1/2、メンマ、なると。
チャーシューは、これは美味かった。分厚くカットされ面積も広いく、適度な噛み応えもある。
味もしっかりついていて、かなり気に入った。
でもチャーシュー麺だとくどくなりそうなので2枚で丁度良い。
このチャーシューをおかずにご飯食べたい。

元祖の東池袋大勝軒とはちょっと違うけど、
そのライト版というか入門編としてはいいかも。

ただ、一番気になったのは店員の挙動。
言葉遣いとかお客への対応が非常に丁寧ではあるんだけど、なんか違う。
ラーメン屋っぽくないと言うか、そもそも接客に慣れてない感じがする。
水を出し忘れたり、ラーメンを出す順番を間違えたり、基本的なミスが多くて、
そうすると、前述の丁寧な対応がかえって嘘臭く聞こえてしまうんだよなぁ。
まぁ、まだオープンして間もないみたいだし今後に期待かな。
なーんて偉そうな事を言ったりして。

最後に、店に貼ってある池袋大勝軒のマスターとの記念写真は、
本物なんだろうけど嘘くさく見せる(逆の)効果があると思う。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/156-f6b25ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック