ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年1月27日(日)横浜アリーナ

毎年恒例、正月はエルダーとワンダに分かれていたハロプロが、
一同に集合するコンサート(without 藤本美貴)。
当初、僕は日曜の夜公演だけ行くつもりで予約購入していたが、
数日前、友人Nから「昼公演2000円で行けるよ」と誘われ、昼夜連戦することになった。
昼はスタンド席に座ってゆっくりと流れを把握し、夜はアリーナで目いっぱい楽しむ。
そんな予定です。

今回のコンサートは、
一組一組を○○賞として発表し、その後4~5組ずつ歌を披露していくという流れ。
昼公演は、ステージをほぼ真横から見るアングルだったため、
初っ端に縦一列に並んで登場するハロプロエッグが、
横から見るとムカデのように連なっていたのが面白かった。
『LOVEマシーン』冒頭の「ディア~」は森咲樹だったなぁ…。
また、ついに登場、安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute)。
新曲を歌っている姿を見るのは今回が初めてだったので、
バッチリ見てやろう!と思っていたが、
ステージ左右の大モニタには、右に安倍、左に矢島と分かれて映っており、
右側にいる我々には矢島がよく見えなかった。
それから終盤、矢島と熊井がコンビで踊るシーンを発見!
僕の席からはやはり角度的に見えづらかったので、
「夜はちゃんと見るぞ!」と思いを新たにした。

夜公演は正面アリーナ席から。
場所は、そんなに期待していなかったのだが、
周回の通路が思いのほか近く、目の前を通り過ぎて行くメンバーがよく見えるし、
サブステージが結構近いので、ライブ自体もちゃんと堪能できる。

まずは、℃-uteの新曲『LALALA 幸せの歌』。
昨年の紅白では、Berryz工房と℃-uteの時間を割いてまで全員で歌い、
正月のコンサートでも3組合同で歌った因縁の曲が、
なんと℃-ute単独の楽曲としてリリースすることになった。
℃-uteバージョンを見るのはこれが初めてだ。
少々複雑な思いはするが、踊る℃-uteは文句なく楽しいし、
こんなにフィーチャーしていいの?っていうくらい、
完全に矢島がフィーチャーされており目が離せない。

Berryz工房『付き合ってるのに片思い』。
サイドから登場したメンバー達が我々のいる真ん中サブステージに集まってくる。
最後にはちゃんと正面からBerryz工房を楽しむことが出来て良かった。
手足の長い熊井のコミカルな振り付けが特に印象的。

美勇伝『じゃじゃ馬パラダイス』。
美勇伝は次のツアー終了後に解散することが発表された。
しかしまぁ、ここ最近のコンセプトのゆらゆらっぷりからすると仕方ないのかね。
デビューの頃の曲は結構良かったのになぁ。
ガッタスでもソロでもそこそこ活躍している石川。
最近はバラエティにも出始めてる岡田。
じゃ、三好は?

安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute)『16歳の恋なんて』。
今回は正面から左右の大ビジョンがちゃんと見える。
二人とも終始笑顔で楽しそうに歌っていて、
特に、一方がソロパートを歌っているときの、
歌っていない方のニコニコの表情が素晴らしい。
途中、なっちが字幕と全然違う歌詞を歌っているときがあったけど、
構わず歌い続け、ちゃんと元に戻ったのはさすがと思った。

メロン記念日『お願い魅惑のターゲット』。
しょっちゅうこの曲歌ってない?とは思いつつも、
やはり文句なく歌って踊れる楽しい曲。
メロンはこの1曲だけでも出演している意味があると思う。

松浦亜弥『I know』。
まだまだ中盤なのにもうラスト1曲!みたいに盛り上がる。
なんだかんだ言ってこの曲でのステージと客席の一体感はすごい。
会場中を巻き込んでの大曲だった。

Buono!はニューシングル『恋愛ライダー』。
たしか『一番イェイイェイ言ったで賞』とか、そんな賞だったと思うんだけど、
それならなぜイェイイェイ言った曲を歌わない?
そりゃ新曲を歌うのは当たり前かもしれないけど、
ならばイェイイェイ賞にする必要あったんだろうか。なんちゃって。
この時点では新曲にはたいした感慨はなかったが、
後に『恋愛ライダー』を聴く度に、はまっていき、
今となってはヘビーローテーション。

保田圭&矢口真里『乙女の心理学』。
なんか聴いたことあるようなないようなこの曲は、
あとで調べたら、モー娘。の2ndアルバムで
保田と市井の『千葉ーズ』が歌った曲だった。
これを市井の代わりに同じく2期メンバーの矢口が歌うなんて……。
と、ちょっと前なら感動の構成だったと思うが、
今となっては「別に…」という感じが否めない。

モー娘。Berryz工房・℃-ute『友情~心のブスにはならねぇ!~』。
矢島と熊井がコンビで踊るのはコレだった!
しかも我々の場所から結構近い位置で見られて感激だ。
これからのハロプロを背負って立つはこの2人でしょう!
と言ったら言い過ぎか。

松浦亜弥ほか『Yeah!めっちゃホリディ』。
前述の『I Know』に続き凄く盛り上がった。
やっぱこういう曲を持っているというのは武器だな。
とは言いつつ、バックで踊ってるBerryzと℃-uteばっかり見てました。

全員『恋愛レボリューション21』。
今さらこの曲かよ~と思っていたが、
曲が進んでいき、「あ、紺野だ。相変わらず丸顔だなー」と見ていると、
いつの間にかモーニング娘。OGメンバーがセンターに集まって来ている!
極めつけは、石川の「ホイ!」。久々にあの頃のモー娘。を思い起こさせた。
なかなか粋な演出だった。

というわけで今年の大集合ライブ。
今までに比べるとサプライズは少なめでインパクトが弱かった分、
Berryz工房や℃-uteの勢いというか、躍動するアクションが目を引いた。
今度の4月に同じ横浜アリーナで行われる
Berryz工房と℃-uteのジョイントライブが今から楽しみだ。


またまた拾い物のセットリストは以下。
01.LOVEマシーン(ハロプロエッグ~途中から全員)
02.青空がいつまでも続くような未来であれ!(ハロプロエッグ・℃-ute以外)
03.LALALA 幸せの歌(℃-ute)
04.付き合ってるのに片思い(Berryz工房)
05.じゃじゃ馬パラダイス(美勇伝)
06.相愛太鼓(前田有紀)
07.16歳の恋なんて (安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute))
08.お願い魅惑のターゲット(メロン記念日)
09.やったろうぜ!(音楽ガッタス)
10.チャンス (月島きらりstarring久住小春(モーニング娘。) )
11.青春!LOVEランチ(アテナ&ロビケロッツ)
12.I know(松浦亜弥)
13.だんな様(中澤裕子)
14.息を重ねましょう(安倍なつみ)
15.みかん(モーニング娘。)
16.恋愛ライダー(Buono!)
17.印象派 ルノアールのように(稲葉・前田・アヤカ・里田)
18.乙女の心理学(保田・矢口)。
19.友情~心のブスにはならねぇ!~(ワンダ全員)
20.都会っ子 純情(℃-ute)
21.スッペシャル ジェネレ~ション(Berryz工房)
22.鳴り始めた恋のベル(音楽ガッタス・Berryz工房・℃-ute)
23.Yeah!めっちゃホリディ(松浦・音楽ガッタス・Berryz工房・℃-ute)
24.ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。(モーニング娘。)
25.ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL(モーニング娘。)
26.恋するエンジェルハート(美勇伝)
27.恋愛レボリューション21(全員)
28.ALL FOR ONE & ONE FOR ALL(全員)
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/351-f040c1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。