FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2008年3月9日(日)THE SPACE OF AKIBA 3021 SHOP&STUDIO

誰が言ったか知らないが、21世紀のテクノポップアイコン、
Aira Mitsukiのメジャーデビューシングル
『チャイナ・ディスコティカ』の発売記念イベントに行ってきた。
今回は、CD発売から約1週間、連日秋葉原で行われたイベントの最終日。
僕は実際にAira Mitsukiを見るのは今回が初めてだ。

aira akiba

開演10分前、会場に着くとすでに30人くらいのお客が集まっていて、
結局スタート時点で40人は超えていたと思う。
意外にお客が多くてホッとした。

定刻になり、スタッフのお姉さんの紹介でイベントがスタート。
まず、POLYSICSみたいなゴーグルをかけた人民服姿の女性2人が登場した。
「お、Aira登場?あれ、こんな感じだっけ?」と思ったら、
続いてちゃんとドレスっぽい衣装を着たAira Mitsuki本人が登場した。
女性2人はバックダンサーらしい。Airaは小柄で肩幅が広いな。

驚いたのは客席。Airaが登場しても、拍手も何もなく、
1曲目の『チャイナ・ディスコティカ』を歌い始めてからも
特に手拍子をするでもなく、客席シーーーーーン。
もちろん椅子から立ち上がる人もいない。
「何?何?何?Airaのイベントっていつもこんなに緊張感あるの?」
いやしかし、よく見ると座っていても小さくリズムに乗っている人が何人かいる。
そして地味に振り付けを真似ている人もいる。
Airaファンってやつはこんなに慎ましい人たちなのか?
ほどなくして1曲目を歌い終わると、今度はちゃんと拍手が起きて、
Airaも「いつも通り」って感じでトークを始め、普通のイベントっぽくなった。
ホッとした。
そうか、この人のイベントってこういう感じなのかぁ。

2曲目は『チャイナ…』のカップリング曲『ROMANTIC ROPE』。
続く3曲目が始まる前、ステージにシンセサイザーが設置された。
おお、ずっと後ろに置いていたあれは飾りじゃなかったのか。
そして曲が始まると、ただキーボードを弾いてるだけじゃない。
なんとヴォコーダーとして使っとるじゃないですかー。
インストアイベントでこんなことまでやるとは思わなかった。
アイドルファンよりテクノファンに向けてるってことなのか?
しかしながらAiraの頼りない感じがまた面白い。
ちなみにこの3曲目は、後から聞いたところによると、
コーネリアスの『Star Fruits Surf Rider』という曲だったらしい。

さて、最後のMCでは、さりげなく大変なこと話してます。
「先週のイベント中に肺に穴があいちゃって……」
「本当はまだ安静にしないといけないんですけどね」
「アップルストアのイベントもあるので、穴を塞いで頑張りたいです」
「あ、笑えないですよね。はは」
だって。
オイ、大丈夫かよ!
ここまで見てきて、Aira Mitsukiの雰囲気が何となく分かってきた気がする。
この本当に笑えない感じ。好感持てるなぁ。

最後、4曲目にミディアムテンポの曲をしっとり歌ってミニライブは終了した。
その後、一旦Airaは退場し、再登場して握手会が始まるような流れだったので、
僕はここで会場を出ることにした。
楽しみにしていた『カラフルトーキョーサウンズNo.9』、
残念ながら今回は歌わなかった。
うーむ、この曲が聴きたくてまたイベントに行っちゃいそうだ。
コメント

はじめまして。
とても参考になるブログですね。
また伺います。

2008/04/08(火) 08:46:34 | URL | 荒野の侍 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/370-77e772f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック