FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

2008年8月22日(金)横浜BLITZ

待望のBuono!初ワンマンコンサートは、Buono!の1周年記念。
1日(昼夜2公演)限定のファンクラブ会員限定で開催された。
ファンクラブの会員で抽選に漏れた人も相当数いるようで、
某ネットオークションでは、
3万円を軽く超えるほどのプラチナチケットになっていた模様。
当初は2公演とも行きたがっていた友人Nも、
結果的には「昼公演だけでも当たって良かった」という様子だった。

開演前、初めは桃子サイド後方の一段高い場所で見ようかと思ったが、
見るからに鬱陶しい集団がいたので、回避。
それならばと前のほうへ進んで行ったら、
愛理サイド最前エリアに入れてしまった。
後ろのほうでゴチャゴチャやってるよりもむしろ見やすい感じだ。
ステージにはハロプロ系のライブには珍しく、垂れ幕がかかっていて、
少しだけ見えた隙間からはドラムセットが見える。
お、噂には聴いていたが、もしや本当に生バンド?
期待を胸に開演を待った。

定刻を過ぎ、暗転。
と同時に2階の招待席に℃-uteやBerryz工房のメンバーが姿を見せたらしく、
1階フロアではみんな上を見上げ、2階が見える方向に寄っていく。
これが我々にとってはラッキーで、その隙に友人Nは正面エリアへ移動。
僕はそのままだったけど、周りににちょうど良く空間が出来て
さらにステージが見やすくなった。(招待席はまったく見えなかったけど)

幕が上がり、ステージ上にはBuono!のメンバー3人が登場。
これがなんと、桃子はドラムセットに座り、
雅はベース、愛理はギター持ってるじゃないすか!
オオー!
すげぇ!自分で楽器弾くのか!練習したのか!
そして、桃子のカウントで1曲目『泣き虫少年』が始まる!
オオー!
と思ったら、弾きながら歌ったのは冒頭の1フレーズだけで、
その後は楽器を置き、普通にカラオケの伴奏で歌が続いた。
うーむ、そりゃそうか。
そんなに急に出来るようにはならないだろうしな。
ちょっとだけでも良い場面見させてくれました。

それにしても、僕が見ている位置は、
最前列の手すりから数えて3人目ぐらいで、
相当前のほうにいるわけだけど、思った以上に周囲に余裕があり、
押し合い圧し合いしている中央部を尻目に、
自分のペースで見ることができる。やったなー。

前半が終わり、メンバーは衣装チェンジのため一旦退場する。
この間はスクリーンを使って、冒頭の『泣き虫少年』の
練習光景が映し出されていたわけだが……、
それと同時にステージ上では、ドラムの横にキーボードが設置され、
さらに、ギターやベースまで持ち込まれているではないですか。
そして映像が終わりに近づくと、4名の女性が現れ、各々が楽器を持つ。
オオー!やった!
後半戦は生バンドの演奏だ!
Buono!はロック調の曲が多いので、
常々「生バンドをバックに歌ったらカッコ良いのに」と思っていた。
ファンもみんなそう思っていたはず。
それが後半だけだけど、今日実現。これは嬉しい。

やはりカラオケとは音の迫力が段違いで、
特に本編ラストの『恋愛ライダー』のサビは、
CDとは全然異なり、タムとバスドラがドッカドカ鳴っていて、
鳥肌が立つほどカッコ良かった。
それにギターも、決して音符通りではない躍動的な感じがライブならでは。
もちろん会場は前半から盛り上がってはいたけれど、
その比ではない後半の盛り上がりが本当に凄かった。

終演後は、汗ダクダクのお客が多いこと多いこと。
アイドルのライブでこんな光景はそうそう見られるもんじゃないでしょう。
セットリスト的にも、
余計なカバーなどやらずにBuono!の曲を全部やった!という感じで、
1日限り、1周年記念というのにふさわしい満足度の高いコンサートだった。
愛理のカッパダンスもフルで見れたし。
DVDの発売が楽しみだ。

追記:
この日は終始、声がかすれていた鈴木愛理。
℃-uteのツアー・イベント、ソロイベントで忙しいところに加えて、
このライブだから本当に大変そうだ。喉酷使!
しかしながら、地声でのトークはかなり嗄れた感じではあったが、
曲に入れば、危ういながらもなんとか歌い切れた。
この辺は、他のメンバーには真似出来ない気がする。


セットリストは以下。
01.泣き虫少年
02.こころのたまご
03.バケツの水
04.Internet Cupid
05.Last Forever
06.ガラクタノユメ
07.ガチンコでいこう!
08.星の羊たち
09.みんなだいすき
(以下、生バンド)
10.Cafe Buono!
11.れでぃぱんさぁ
12.ホントのじぶん
13.ロックの神様
14.Kiss! Kiss! Kiss!
15.じゃなきゃもったいないっ!
16.恋愛ライダー

アンコール
17.君がいれば
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/456-460a719f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック