FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年3月20日(土)東京ドームシティラクーア

昨年末の時点では、「一人もしらねーよ」とか言ってたAKB。
年が明けてからは坂を転げるように(?)すっかりファンになってしまい、
まさかの現場初参戦は、渡り廊下走り隊でございます。

少し前、渡り廊下走り隊がゲスト出演した『ミオパン』で見た
1コ前のシングル『完璧ぐ~のね』が妙に耳に残り、
その後のイベントでこの曲を歌ったと聞いて「イベント行きたい」と思うに至り、
渡り廊下走り隊のブログを見たら、
「土曜日にまたラクーアでイベントやります!」の告知。
そんな情報を知ってしまったら、行かないわけにはいきません。

そんなこんなで当日、イベント開始の直前に現地に到着すると、
ステージ前は今までに見たことのない人人人の波。
こないだ見た真野ちゃんのイベントの3倍は人が入ってるんじゃないだろうか。
しかも年齢層はかなり低く、中高生が主になってる感じ。
うーむ、おっさんが多いハロプロのお客とはやはり違うんだな。

例のごとく僕はCDを買ってないし、イベント券も持っていないので、
後方のフリーなエリアから観覧することにした。
定刻を過ぎ、メンバー5人が登場。
客席から上がる声援を聞くと、やはりまゆゆ人気がすごい。
そして最初に歌ったのは、新曲『アッカンベー橋』だ。
この曲がまた挑戦的というか、冒険的というか、
今までアイドルがフォークダンスの曲をシングルで出したことがあっただろうか。
先日AKBが出した合唱曲『桜の栞』もある意味挑戦だけど、これもすごい。
人気が上り調子の今だから出来ちゃうってことなんだろうか。

2曲目は『アッカンベー橋』のカップリング曲『若気のイタリアン』。
ここで、僕は初めて、生でMIXというヲタ芸(?)を目の当たりにした。
まぁ、ライブ映像でちょっとは知っていたけれど、
実際に見る(聴く)と圧倒される。というか歌の邪魔してないか?
それに、歌に入ると、いまいちリズムに乗れてない人が多いというか、
あんまり一体感を感じられないのが、実感。
こういうところも、妙に統制が取れているハロプロ系との違いだなぁ。

3曲目。やった!待望の『完璧ぐ~のね』を歌ってくれた!
今日はこの曲を聴きに来たと言っても過言ではないわけで、
キタ━━━(゚∀゚)━!!って感じ。相当嬉しかった。
ポップでキャッチーでファニーで、とってもアイドルソングらしいアイドルソング。
この曲は中毒性があります。

そして最後にもう1回『アッカンベー橋』を歌ってミニライブは終了。
握手会に移っていった。

この握手会で感心したのは、
がっついて無理に話をのばすようなお客がほとんどいないこと。
そのせいもあってか、スタッフによる引き剥がしがほとんどない。
やはり中高生の比較的ライトなファンが多いのがその理由なんだろか。
さて、僕はそんなに長居せずに引き上げたけど、
後でニュースを見たら、このあと3時間半ほど握手会をやっていたらしい。
確かに終演後、驚くほど長い行列が出来てはいたけど、
その最後尾の人は3時間半も待ったということ!?
びっくりだ。

そんなわけで、結局ハロプロとの対比ばっかりする感じになっちゃったけど、
共通点を見つけたり、相違点を再認識したりして非常に勉強になりました。

なんだか新たな階段を一段登ってしまったような気がするんだけど……。

1.アッカンベー橋
2.若気のイタリアン
3.完璧ぐ~のね
4.アッカンベー橋
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/662-defd6a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。