FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年3月25日(木)横浜アリーナ

ついに本丸、初めてAKB48のコンサートに行ってきた。
平日の開催ということで、仕事もあるし、
当初はまったく行く予定はなかったが、コンサートニ日前、
どうやら当日は出先から直帰できそうだと分かり、
しかも売り切れ状態だったチケットは当日券が出ることが分かり、
そうなったら、行かない理由がありません。

当日。
開場直後の横浜アリーナ前は、
今までに見たことのないくらい人でごった返している。
駅前の歩道橋の途中ですでに滞っている。
まずは、前日に予約しておいた当日券を引換えるのに一苦労。
人の波をかき分けかき分け、販売窓口の列へなんとか到着したけど、
今思えばよくたどり着けたなぁって感じ。
そこから通常の入場列に並び、実際に自分の席に座るまで
初めにアリーナに着いてから1時間近くかかったんじゃないだろか。
そんな調子なので、開演時刻に入場が間に合うはずもなく、
20分ほど遅れて開演となった。
ふー。

開演。
まずステージに登場したのは、マジすか学園で見慣れたジャージ姿。
指原、北原、仁藤、小森、そして高城……チームホルモンじゃん!
思いがけず初っ端からのあきちゃ(高城亜樹)の登場に高まった。
そして、マジすか学園的寸劇が始まったのだが、
なんと!マイクの不調であきちゃの声がまったく聞こえず。
この横浜アリーナの大舞台で一番最初に注目が集まる場面で
声が聞こえないなんて、なんてツいてないんだー。
とハラハラしてる間に、ステージにはラッパッパ四天王が順に登場。
板野が自分のハンドマイクをあきちゃに渡してくれて
ようやくあきちゃの声を聞くことが出来た。ありがとう板野。
そして四天王と言ったら、何と言ってもゲキカラ(松井玲奈)!
ドラマですっかりファンになってから、
まさかコンサートの話で見られると思ってなかったので嬉しかったし、
かなりキャラに忠実に演じていて面白かった。

と、そんな寸劇の流れで、『マジスカロックンロール』でライブはスタートした。
しかも、オープニングだけかと思いきや、以降もマジすか学園大フィーチャーだ。
14曲目でSKE48が登場するまで、チームホルモン、ラッパッパ1年生、
歌舞伎シスターズ、山椒姉妹、ラッパッパ四天王など、
ドラマ内での役柄の"くくり"で次々に歌が披露される。
正直AKBファン歴の浅い僕には知らない曲が多かったけど、
ドラマファンにはたまらない構成だ。
聞けば今回、横浜アリーナで行われた3公演はいずれも内容が異なっていたそうで、
この回を見られたのは本当にラッキーだった。
極めつけは渡り廊下走り隊の『アッカンベー橋』で、マジすか学園メンバー総登場。
渡り廊下の周囲で、全員で踊ったフォークダンスは壮観だった。

そんなこんなで、お次はSKE48。
松井玲奈がMCをリードしてるのがなんとも逞しく、微笑ましい。
いやぁ、良いなぁ、玲奈。
それに新曲『青空片想い』も、最初はそうでもなかったけど、
聴けば聴くほど好きなってきた。
この曲では、遠くから見てもすぐに分かる
松井珠理奈の大きく躍動的なダンスが印象的。
あの歳(13歳)であの存在感はさすが。

そして、SDN48をはさんで後半戦に突入。
会場に轟いたのは、聞き覚えのあるイントロ。
『君のことが好きだから』だ!
やった!コレ、マジで見たかったんだよ~。
曲ももちろん良いんだけど、センターを努めるあきちゃが、
とにかく楽しそうに、かつ一生懸命に踊る様が素晴らしい。
ああ、目頭が熱くなってきた。
玲奈も入ってるし、この曲完璧でしょ。

終盤は、AKBのシングルメドレーで盛り上がり、
アンコールを経て、再び『マジスカロックンロール』でライブは幕を閉じた。
と思いきや、そこで終わらないのがAKB。
大きなライブの最終公演には付き物というサプライズ発表があった。
まずは、今年も『AKB総選挙』をやるということ。ほほぅ。
そして次に戸賀崎支配人が登場し、メンバーの事務所移籍が発表された。
聞けば今回の発表で、研究生を除いた正式メンバーは全員所属先が決まったそうで、
AKB全員で涙涙のフィナーレだった。
事務所所属ってのはステップの一つであるだろうし、
何か、AKBという壮大なオーディションの一辺を垣間見たような気がした。

というわけで、AKBのコンサート初参戦は、
ほぼ最後列からだったけど、全体を見渡せて良かったかも。
まわりに変な奴もいなかったし。
ただ、とにかく出演者が多いので、
お目当てのあきちゃと玲奈を探すのが大変だった。

セットリストは以下のとおり
01.マジスカロックンロール
02.僕の太陽
03.スカート、ひらり
04.鏡の中のジャンヌ・ダルク(北原、指原、小森、高城、仁藤)
05.Confession(仲谷、田名部、米沢、片山)
06.春が来るまで(河西、倉持)
07.初恋泥棒(宮崎、奥、多田)
08.ハート型ウイルス(渡辺、宮澤、秋元)
09.ごめんね ジュエル(小野、高橋、峯岸、松井J)
10.クラスメイト(小嶋、柏木、板野、松井R)
11.てもでもの涙(大島、篠田)
12.禁じられた2人(前田敦、なちゅ)
13.アッカンベー橋(渡り廊下走り隊)
14.青空片想い(SKE48)
15.バンジー宣言(SKE48チームB.L.T)
16.夢を死なせるわけにいかない
17.RUN RUN RUN
18.孤独なランナー(SDN48)
19.君のことが好きだから(アンダーガールズ)
20.ロマンス、イラネ
21.言い訳Maybe
22.RIVER
23.会いたかった
24.涙サプライズ!
25.10年桜
26.大声ダイヤモンド
27.桜の栞

アンコール
28.君と虹と太陽
29.BINGO!
30.ひこうき雲
31.マジスカロックンロール
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/663-c65692c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
逃した魚たち~シングルビデオコレクション~ [DVD](完全生産限定盤) |
逃した魚たち~シングルビデオコレクション~ [DVD](完全生産限定盤)DefS...
2010/05/12(水) 17:21:23 | これ欲しい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。