FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年5月1日(土)中野サンプラザ

ツアー初日の第1回目公演というのは独特の緊張感が良い。
メンバーはもちろん緊張してるだろうし、
観客も次に何を歌うかわからないので、ワクワクドキドキ感が強い。
今回、幸運にもその初日に当選したので行って来た。

開演前、友人Nと「寸劇で始まったりするんじゃね?」と冗談半分で言っていたら、
まさかの予想的中。本当に寸劇でコンサートが幕を開けた。
そして、続く1曲目が『マジグッドチャンスサマー』と来るから更に驚き。
1曲目は最新シングルを歌うという一時期定番化していたセットリストは、
どうやら適用されないようだ。
ちゃんと考えて内容を構成している感じがして好感が持てる。

序盤の個人的ハイライトは、
熊井・須藤のデュオによる『グランドでも廊下でも目立つ君』。
デュオと言っても、ソロパートを2人で歌い分けているので、
それぞれの歌声を楽しむことが出来る非常に良い構成の曲。
特に1番は、ほぼ熊井ちゃんソロで歌い切るのが素晴らしい。
何度も言うけど、熊井ちゃんのセンチメンタルでドライな歌声は、
決して「上手い」わけじゃないんだけど、非常に心に響く。
正直、鳥肌たちっぱなしでした。

中盤の寸劇は、15分も続くというなかなかの冒険。
あらかじめ「座ってください」という案内も頷ける。
劇自体はいつものような感じだったけど、
劇からの流れで続くサマーソング3連発は良い選曲だった。
さらに続くメドレーでは、個人的に好きな『BERRY FIELDS』を初め、
初期のシングルカップリング曲がたくさん聴けて良かった。

本編ラストは『流星ボーイ』『雄叫びボーイWAO!』『友情 純情 oh 青春』の、
アッパーチューン3連発で締めくくる。
特に『雄叫びボーイWAO!』は、ライブで聴くとオケが超カッコ良い。
他の曲とは明らかに一線を画した迫力のある生楽器っぽさ、
その音が一拍ごとに迫ってくるように感じられるアレンジ、
正直、カラオケだけ聴いても「カッコ良いなぁ」と言える曲だと思った。

アンコールラストは『Bye Bye またね』で大団円。
これはほっこりした気分になれる良い終わり方だった。

セットリストは以下の通り。
00.寸劇
01.マジグッドチャンスサマー
02.ライバル
03.恋の呪縛
04.友達は友達なんだ!
05.ヤキモチをください!(清水・徳永・菅谷)
06.グランドでも廊下でも目立つ君(須藤・熊井)
07.愛には 愛でしょ(嗣永・夏焼)
<寸劇>「海の家 雄叫びハウス」
08.夏わかめ
09.マジ夏すぎる(ボイパ)
10.夏 Remember you

<メドレー>
11.安心感(清水・嗣永・夏焼・熊井)
12.パッション E-CHA E-CHA (清水・嗣永・夏焼・熊井)
13.ファイティングポーズはダテじゃない!(清水・嗣永・夏焼・熊井)
14.BERRY FIELDS(徳永・須藤・菅谷)〈パイナップルの着ぐるみ〉
15.夢でドゥーアップ(徳永・須藤・菅谷)
16.図書室待機(徳永・須藤・菅谷)
17.行け 行け モンキーダンス(清水・嗣永・夏焼・熊井はバナナの着ぐるみ)
<メドレーここまで>

18.青春バスガイド
19.流星ボーイ
20.雄叫びボーイWAO!
21.友情 純情 oh 青春

<アンコール>
22.ピリリと行こう!
23.Bye Bye またね
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/673-7760302b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。