FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年8月8日(日)夢の島公園陸上競技場

近年、散発的に活動しているYMO。
常々「一度は見てみたいな~」と思っていたところ、
今年も野外イベント『World Happiness』に参加するということで行って来た。

会場に着いたときはCoccoが終わりかけだったかな、
続くカヒミ・カリィが歌っているのを聴きながら腹ごしらえ。
それから観覧エリアに入り、まずはライムスターを見た。
宇多丸のラジオは日頃よく聴くけど、
そういえばライムスターでのミュージシャン宇多丸を見るのは初めて。
実際、予想外にさわやかなサウンドで驚いた。とても聴きやすい。
日本式ヒップホップのお手本のようなステージだった。ヒップホップ知らないけど。
時間が進むにつれ徐々にお客との一体感も生まれてきて、
最終的に両サイドのフリー観覧エリアは人が何重にもなって盛り上がっていた。

いとうせいこう擁する□□□のあと、pupaを見る。
このバンドでは基本的にフロントに立つ高橋幸宏だけど、
最後の曲のとき、ドラムセットに座るだけで「おお~~」と感動。

安藤裕子、ムーンライダーズ。
そして、サカナクションは3曲だけだったけど、
初っ端に『アルクアラウンド』が聴けたのが嬉しい。
曲の中に『ライディーン』をもじったようなフレーズを入れたりして、
メンバー自身がYMOとの共演を喜んでいるようだった。

東京スカパラダイスオーケストラは、初めて見た人でも自然に乗れてしまう
あらためてフェス向きな得なバンドだなーと思った。
今回は特に陽気な曲ばかりのセットリストで楽しい。
『アブソリュートエゴダンス』でYMOをトリビュートしつつ『愛の讃歌』で終了した。

スカパラの演奏中にすでに隣のステージで、
本人登場で準備を始めていたプラスチックス。
まさか生で見られる日が来るとは…。
しかし、変にしみじみはせず、(こないだUstでもやってたけど)
昔と変わらぬ変態プレイが嬉しい。
中西&立花が自由に動き回る反面、リズム隊の安定感がさすが。

そしてそして、何と言ってもトリはYMO。

<set list>
01.LOTUS LOVE
02.Day Tripper
03.音楽
04.体操
05.千のナイフ
06.BEHIND THE MASK
07.Tibetan Dance
08.Thank You For Talkin' To Me Africa
09.Rydeen
10.Fire Cracker
11.Hello, Goodbye


まさかの『体操』には、笑うと同時に鳥肌。
こういうローテクな感じで、人力と機械の微妙なバランスが良いんだよな~。
それから、『Fire Cracker』を生で見られたのが何と言っても嬉しかった。
細野さんのベースはブリブリ鳴ってるし、小山田圭吾のギターもハジケてる。
ああ、今この2010年代にライブでYMOを見られる素晴らしさ。

というわけで、『World Happiness』はフジロックを初めとする
大きなフェスっぽさという点では弱いかもしれないけど、
ステージが隣り合って交互に演奏するので、転換の時間がほとんどなくテンポが良い。
聞き分けの良い大人のフェスという感じがした。
曇り時々晴れ、たまに雨少々。風も心地良く、気分良く過ごせた。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/688-695215bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。