FC2ブログ

ほぼ曲沢Blog

ライブ、ラーメンの日々…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年9月19日(日)ツインリンクもてぎ

確か2005年以来、久々にインディジャパンを観戦してきた。

決勝当日。
朝7時に車で実家を出発したら、スイスイーっと9時にサーキットに到着した。
たまたま駐車したP18駐車場から、すぐ横の丘を上るとそこに入場ゲートが!
おとぎ話のような素晴らしい立地の駐車場だった。

INDY JAPAN

早速、入場してグッズ売り場などをひやかす。
がしかし、以前に比べて圧倒的にグッズの点数が少ない。
グッズ売り場自体も少ない。
そもそも、入場してからコンパニオンの姿が少なくて、
無料で配布される宣伝グッズもほとんどない。
うーむ、これが不景気というものなのか。
もっと各チームのオリジナルグッズを見たかったんだけどなぁ。

早めに食事をとり、ブラブラしていると、
なんとトークステージにモータージャーナリスト小倉茂徳さん登場!
ここ数年、自宅でのCS環境がほぼないので、
超久々に、小倉さんのレース解説を聴けて(見れて)得した気分になった。

INDY OGURA

11時をまわり自由席へ移動し始める。
なんか以前よりも結構混み合ってるなーと思いつつ、
いつものようにターン2に席を見つけスタートを待つことにした。
暑い。それに結構風があって埃っぽい。

スタート時刻が近づき、オープニングセレモニーで、
米軍基地所属の歌手(?)によるアメリカ国歌が斉唱される。
そしてF2戦闘機のアクロバット飛行。さらには雅楽・越天楽の演奏が続く。
特に有名人のゲストもなく、ブルーインパルスもなく、
ここでも何となく不景気を感じる。

13時、いよいよスタート!
レースはペンスキーチームが終始リードして、
特にポールポジションのカストロネベスが安定した速さだった。
また、シリーズチャンピオンを争うフランキッティとウィル・パワーの2位争いも熾烈だったし、
予選下位からさりげなく5位に入るダニカ・パトリックもさすがだったなぁ。

今回のレースは、5回発生したフルコースコーションのうち、
3回の原因がターン2の事故で、読み通り、目の前で迫力のシーンが何度も見れた。
うーむ、やっぱターン2の自由席はお得だ。

さて日本勢は、ピットインを遅らせる賭けに出た武藤が一時2位を走行するも
結局、何も起こらずに14位どまり、
佐藤琢磨はピットインするたびに下位に沈むけど、コース上ではたくさん追い越して、
結局12位だったけど、レースを盛り上げた。
スポット参戦のロジャー安川は下位安定走行の20位。
ロジャーは今回は自分が参戦したけど、普段は佐藤琢磨のスポッターだっていうから驚きだ。

というわけで、想像以上に見所が多くて面白いレースだった。

終了後は例のごとく、コース上に降りて優勝セレモニーを見物した。
優勝者はスポンサーごとにキャップを取り替えての記念撮影が延々続き、
大変そうだけど、勝者のみに与えられた仕事なんだよなぁ、としみじみ思った。

<<レース結果>>
1 エリオ・カストロネベス (Team Penske) 02:04:04.4780
2 ダリオ・フランキッティ (Chip Ganassi Racing) +4.5746
3 ウィル・パワー (Team Penske) +5.0743
4 ライアン・ブリスコー (Team Penske) +6.4825
5 ダニカ・パトリック (Andretti Autosport) +7.6057
6 スコット・ディクソン (Chip Ganassi Racing) +8.3641
7 トニー・カナーン (Andretti Autosport) +9.4093
8 グラハム・レイホール (Newman/Haas Racing) +11.7163
9 ライアン・ハンターレイ (Andretti Autosport) +12.2125
10 ダン・ウェルドン (Panther Racing) +12.4720
11 マルコ・アンドレッティ (Andretti Autosport) +15.5007
12 佐藤琢磨 (KV Racing Technology) +16.0693
13 アレックス・タグリアーニ (FAZZT Race Team) +17.6774
14 武藤英紀 (Newman/Haas Racing) +18.2811
15 E.J.ヴィソ(KV Racing Technology) +18.7349
16 ジャスティン・ウィルソン (Dreyer & Reinbold Racing) +19.4293
17 ヴィットール・メイラ (A.J. Foyt Enterprises) +20.1047
18 ラファエル・マトス (de Ferran Dragon Racing) +21.2346
19 ミルカ・デュノー (Dale Coyne Racing) +3Laps
20 ロジャー安川 (Conquest Racing) +5Laps
21 アレックス・ロイド (Dale Coyne Racing) +69Laps
22 ポール・トレイシー (Dreyer & Reinbold Racing) +86Laps
23 シモーナ・デ・シルベストロ (HVM Racing) +115Laps
24 マリオ・モラレス (KV Racing Technology) +134Laps
25 ベルトラン・バゲット (Conquest Racing) +199Laps
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hobolog.blog26.fc2.com/tb.php/697-b9eb7982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。